無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

4-4
体育倉庫を開けて探した。

(優馬)紗夜!いるなら返事しろ!

全然、返事が返って来なかった。

探して探してやったと見つけたら倒れていた。

(優馬)紗夜!おい、しっかりしろ!

そこにユリがやって来た。

(ユリ)紗夜ちゃん!もしかして熱中症になったんじゃない?

(優馬)ユリ、救急車を呼んでくれ!

(ユリ)分かったわ!

紗夜は救急車で病院に運ばれた。

医師から症状を聞くと熱中症と診断された。

軽い熱中症と言われたから1日、入院したら大丈夫と言われた。

(ユリ)どうだった?


(優馬)軽い熱中症だよ。1日だけ入院したら大丈夫だって。

(ユリ)良かった。優馬、これからどうするの?