無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

5話
夏休みも中盤になり私は夏休みの宿題を終わらせていた。

(優馬)おはよう、紗夜ちゃん。

(紗夜)おはよ。

今日も部活なんだけど午前中だけで午後からは

ユリ先輩と愛ちゃんが家に来てお祭りに行く準備をする予定。

(紗夜)優馬くん、この前よりタイム速くなっているよ。

(優馬)ありがとう。

(ユリ)紗夜ちゃん!ちょっと手伝って!

(紗夜)あ、はい!

私と優馬くんは前より仲良くなりました。

(紫音)今日の部活はここまで!

(全員)お疲れでした!

(ユリ)じゃあ、紗夜ちゃん。後でね!

(紗夜)あ、はい!

楽しみになって来た。

高校生なって始めての夏祭り。

家に帰りお昼ご飯を食べてからしばらくしてからユリ先輩がやってきた。

(ユリ)こんにちは。

(紗夜の母)いらっしゃい。

(ユリ)紗夜ちゃんの同じ部活のユリです。

(紗夜)ユリ先輩、いらっしゃい。

ユリ先輩、可愛い。