無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

2話
転校して来て1ヶ月経った。

私は陸部に入部することにした。

(愛)紗夜ちん、陸部に入部するんだね。

(紗夜)うん、先輩達が優しかったし、それに…。

海門くんが居るから。

(愛)ニャニャ、優馬がいるからね。

愛ちゃんにはバレるか。

(紗夜)そろそろ、部活に行くね。

愛ちゃんと別れ陸部に向かうことになった。

(紫音)紗夜ちゃん、来たんだ。

(紗夜)改めまして、よろしくお願いします!

これから陸部のマネージャーとして頑張る。

(ユリ)よろしくね、紗夜ちゃん。

(紗夜)ユリ先輩もよろしくお願いします!

今日から陸部のマネージャーとして頑張ることになった。

優馬くんはずっと練習しているからたまに休憩させないと倒れるらしい。

そろそろ休憩させないといけない時間だね。

よし、海門くん所に行こう!

(紗夜)海門くん、そろそろ休憩時間だーよ!

私は優馬くん所に駆け寄った瞬間。

ずっこけしてしまった。

(優馬)紗夜、大丈夫か?

優馬くんが近寄って来てくれた。

(紗夜)うん、ちょっとコケてしまっただけだから。

痛った、膝が擦りむけていた。