無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第24話

4-2
その頃優馬くん達は休憩していた。

(ユリ)優馬くん、紗夜ちゃんは?

ユリ先輩が優馬くんの所に来て紗夜のことを話していた。

(優馬)まだ、帰って来てないんですか?

なんか嫌な予感がする。

(ユリ)えぇ、あの子達が連れて行ってからだいぶ時間が経つの。

そこにA先輩達が通りかかった。

(優馬)先輩達、紗夜はどこですか?

質問した瞬間ケラケラと笑い始めた。

(A先輩)城馬さんにはちょっと痛い目にあってもらっているから。

バンッ!

(優馬)最低ですね、先輩達。

(B先輩)あの子が悪いのよ!ウロウロして目障りだったのよ!

(ユリ)私、顧問の先生に伝えてくる。

体育倉庫。

暑い…気温高いから倉庫も徐々に暑くなってきた。

優馬くん、ユリ先輩。

ついに私は倒れしまった。