第8話

好きの気持ちって?
先生
じゃあ!この前のテストを返すぞ!
運命の結果発表の日
先生
あなた!よく頑張ったな!
あなた

えっ!?

先生
次!廉!
はい。
先生
みんな!テストもらったかー?
先生
ちなみに、一位は、
あなた

お願い!神様!

先生
廉だ!すごいな!
ありがとうございます。
あなた

終わった。

先生
ちなみに、二位は、
祐奈
私に決まってる。大丈夫。
先生
あなただ!本当によく頑張ったな!
祐奈
えっ?
美桜
あなたちゃん!すごいよ!
紫耀
でも、なんで喜ばねーんだ?
美桜
あなたちゃん?



廉に負けて、もうなにも考えられない。

私、廉に負けたんだ。





おい!あなた!
あなた

へっ?

放課後、屋上に来い!
あなた

やだ。

話がある。
あなた

聞きたくない。

俺の言うことはなんでも聞くんだろ?
あなた

それは、

いいから来いよ。






放課後、私は屋上に行った。





あなた

話ってなに?

勝手にキスしてごめん。
あなた

えっ?

あなたの気持ち知ってるのに、俺、最低だよな。
でも、俺、あなたのことが好きやねん。
あなた

おまえの気持ちわかってるから、
ただ、言いたかっただけやし、答えはいらん。
あなた

ごめん。

あなた

私も、怒ったりして。

あなた

廉の気持ちにも答えられない。

あなた

それでも、幼なじみでいてくる?

当たり前やろ!
あなた

それで、、、

あなた

廉のお願いはなに?

俺と一日デートしてくれ!
あなた

はぁ!?

そしたらあなたのこときっぱり諦める!
あなた

わかった。

じゃあ!また連絡するわ!
あなた

うん!






























なんでだろう、

紫耀のことが好きなのに、廉に告白された時、

少し嬉しかった。

廉のことを考えると、なんだか胸が締め付けら

れる、こんな気持ちはじめて。




















好きって気持ちがわかんなくなってきたよ。