第3話

涙の試合
女子
今日の体育バスケだって!
あなた

えっ?そうなの?

先生
おーい!みんな4人までで好きなペア作れー!
女子
あなた!一緒にやんない?
あなた

ごめん!ほかにやりたい人いるんだ!

女子
そっか!じゃあね!
男子
廉たち組もうぜ!
ごめん!俺もほかのやつとやるわ。
紫耀
俺も〜
男子
そっか!じゃあな!












隅の方で一人でいる美桜











美桜
どうしよう。私、運動音痴だから誰も一緒にやってくれないよね。





遠くの方では、、、





女子
美桜とは絶対やりたくないよね。
男子
いつもはいいけど、こうゆう授業だといい点取れなかったら内申に響くしな。







その時、、






あなた

美桜!一緒にやろ!

美桜
えっ?でも、
美桜
あなたちゃんうまいから、足引っ張っちゃうよ。
あなた

そんなの関係なくない?

美桜
えっ?
あなた

私は美桜とやりたいの!







急に、美桜に紫耀がバックハグをした。







紫耀
俺も美桜とやりたい!
美桜
えっ?
あなた

びっくりしたー!

じゃあ、四人で決まりやな!
あなた

えっ!いつのまに〜

あなた

てか、いい加減!美桜から離れなさい!

紫耀
ごめん!美桜。
美桜
ううん。///
美桜、照れてる〜笑笑
美桜
えっ?///
あなた

もう美桜をいじるのやめなさい!(バシッ)

いってーー!
先生
決まったら、リーダーと作戦会議な!
おまえ、さっき嫉妬してたやろ(小声)
あなた

えっ?なにが?(小声)

紫耀が美桜に〜笑笑(小声)
あなた

もうそれ以上言うな!(小声)

あなた

おまえ、殺されたいんか?(小声)

悲しいんやったら、俺の胸貸したるぞ。笑笑(小声)
あなた

いらんわ!バーカ!(小声)

紫耀
そこ!イチャイチャしてないで、ちゃんとやってくださーい!笑笑
あなた

してへんわ!

してへんわ!
美桜
ハモった。
紫耀
なんだよそれ!笑笑
あなた

もーう!やろやろ!

あなた

リーダー誰にする?

あなたがいいと思いまーす!
美桜
うん!いいと思う!
紫耀
さんせーい!
あなた

そんなあっさり決めちゃっていいの?

あなた

まぁいいや!決定!

先生
じゃあ!試合始めるぞー!
あなた

とりあえず!みんなゴールに向かって走ろう!

適当やな〜。笑笑
紫耀
まぁ!頑張ろうぜ!
美桜
うん!












試合が始まり、あなたたちのチームと相手チ

ームが同じ点数、このままじゃ引き分けになっ

ちゃう。ちょっとやばいかも。











紫耀
あなた!パス!
あなた

はい!

あなた

美桜ー!パス!

美桜
えっ!はい!
美桜
(どうしよう、ゴールに入らなかったら、)
紫耀
頑張れ!美桜!おまえならできる!
美桜
うん!




美桜のシュートは見事にゴールに入り、私たち

のチームが勝ちました!

























放課後、、、





あなた

美桜ー!すごいよ!

今日は美桜のおかげやな〜
美桜
ありがとう!
美桜
みんなのおかげだよ!
美桜
でも、
あなた

でも?

美桜
あの時、紫耀が声かけてくれなかったらきっとシュートできなかったと思う。
紫耀
えっ?
美桜
ありがとう!
紫耀
おう!///
お!紫耀が珍しく照れてるぞ!笑笑
紫耀
照れてへんわ!
な!あなた!照れてるよな?笑笑
あなた?













なんでだろう、その光景を見て、私はいつの間

にか涙を流していた。















次回に続きます!