無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

写真
シンタロー)お母さんの写真とかねぇの?
ツキ)あるっちゃある。
そう言ってツキは棚の中から一枚の写真を出してきた。
ツキ)これ
シンタロー)どれどれ。
ツキのお母さんの写真は、ツキにそっくりの顔立ちで、マリーのように髪の長い女性だった。
しかし、その写真は白黒で、かなり古いもののようにも見えた。
シンタロー)この写真、古くね?
ツキ)そうか?そういうカメラで撮ったんじゃ?
そういうカメラで撮っても、こんなに古くは見えない気がする。
それに、ツキのお母さんの背景には、今には無いようなものが写っている。
ツキ)・・・お母さん、アザミみたいに長生きだったんじゃ・・・。
シンタロー)その可能性はある。
ツキ)・・・・・・・・・・・・
シンタロー)・・・・・・・・・・・・

ツキ、シンタロー)えーーーーーーー!!!!!!!!!!

キド)ど、どうしたんだ!?ツキ、シンタロー!
俺達が叫んだせいで、キドがツキの部屋のドアを開けた。
ツキ)な、なんでもない!大丈夫!
キド)そうか?・・・まぁいいけど・・・
思わずそう言ったものの、さすがにうるさすぎな、さっきのは。
シンタロー)冗談じゃねぇよ・・・お前何歳?
ツキ)17歳だよ・・・ばーか。
シンタロー)だよなぁ・・・。
ツキのお母さんは長生きだったとしても・・・ツキは普通に歳をとっている。
どういうことだよ・・・マジで意味がわかんねぇ。
ツキ)マリーに聞いてみるか。
シンタロー)は?
ツキ)マリーは100歳超えてるんだろ?どんな感じで歳をとっていったのか聞くよ。
シンタロー)まぁそれが一番いいよな・・・。
マリー)どんな風に?
ツキ)外見の・・・違い?がどうなって行ったのか・・・。
マリー)そうだなぁ・・・50年くらいはずっと変わらなかった。
50年くらい・・・だと?
じゃあツキは大丈夫だな。
こいつは17年生きていてこの身長なんだから大丈夫だ。絶対。
シンタロー)マリー、ありがとな。
マリー)どういたしまして!
 マリーの意見で大体わかってきた。
ツキのお母さんは間違いなくアザミと同じように長生きだったはずだ。
ツキ)母さんに聞いたことがあるんだけど・・・
シンタロー)ん?
ツキ)おじいちゃんとおばあちゃんは普通だったんだって。俺は会ったことないけど。
シンタロー)・・・人間から生まれた化け物・・・?
ツキ)その言い方辞めてもらっていいかな?
シンタロー)悪ぃ
ちょっと面白くなってきたんじゃないか?
人間から生まれた化け物・・・なんてよう。
シンタロー)よし、やってやるか!
ツキ)賛成!いやぁ・・・昔の血が騒ぐねぇ。
シンタロー)ヤンキーのか?
ツキ)うっさい。まぁ・・・そうだけど・・・。
 実はツキは昔はヤンキーである。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

南瓜
南瓜
カゲロウプロジェクトの小説投稿中。 よろしくお願いします。 お気に入り登録して貰えるとうれぴです! 頑張ります!
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る