無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

322
2021/07/04

第5話

鍛錬



あれよあれよと流されて私は今案内された自室の掃除をしている





あなた
ゴホッゴホッ……何ここ凄いホコリだらけだし
汚い…………




ガチャ


神羅
あなた〜?大丈夫?
あなた
神羅なんでこここんなに汚いの…………
神羅
アハハ ずっと使われてなかったからね〜
あなた
汚すぎて……
神羅
ここは掃除のプロフェッショナル神羅様に任せなさい!!
あなた
プロフェッショナルなんだ……
何でも良いけどお願いしたい
神羅
いいよーいいよー!!!





その後は2人であれよあれよと部屋を掃除し綺麗にした



あなた
神羅ほんとに掃除とか料理とか上手いね
神羅
お師匠さんがなんにも出来ないから自然に覚えた
あなた
確かにあの人掃除とか家事出来なさそう
神羅
本当に目を離すとすぐ汚すからお師匠さん
あなた
アハハー苦労して育ったんだね
神羅
うん、でも確かに腕っ節は確かだから
あなた
私も早く力制御して
1人旅するぞ!!!!
神羅
お互い頑張ろうな
明日から鍛錬だし今日はもう休もう
あなた
うん!
おやすみ神羅
神羅
おやすみ



次の日



朝5時



カンカンカンカン!!!!!



あなた
うぇ?!?!?!
神羅
おはよ
あなた
なにやってんの神羅
神羅
何ってこれから朝ご飯食って
鍛錬だよ
あなた
今何時だと思ってるの?
神羅
朝の5時!!
さぁ起きてご飯食べて
あなた
まじか………………
神羅
鍛錬の集合時間は5時45分だから
遅刻したら連帯責任で滝行行かなきゃだから遅れないで
あなた
意外とスパルタなんだね




朝ご飯を食べて着替えようとした時気づいた



あれ?



あなた
私服これともう1着意外持ってない……
神羅
あぁ、それならはい




目の前に出されたのは



真っ白のダボッとした天使が着ているような服と真っ黒なローブ


あなた
これを着ていけば良いの?
神羅
うん、修行の時はこれって決まってるみたい
あなた
分かった
神羅
じゃあ着替え終わるまで玄関で待ってるから急いでね
あなた
うん



身支度を終えて玄関に向かい



神羅
あなた行くよ
あなた
そういえばどこで修行するの?
ここら辺見る限りずっと森だけど
神羅
森で修行するんだよ
あなた
ふーん?
神羅
少し森の奥行くから
あなた
そんな所でどんな修行するの?
神羅
内緒〜
あなた
いけず
神羅
そういうなってほらここ転びやすいから気おつけて
あなた
オット  あっぶね〜
神羅
だから言ったじゃん
あなた
うるさい



それからしばらく山登りをし



ようやく修行場についた


あなた
ゼェゼェ-遠すぎない?!
神羅
慣れるよ
師匠
ようヒヨっ子共
準備運動になったかい?
神羅
俺はもう慣れましたから
あなた
ヅガレダ
師匠
なんじゃ情けない
神羅
修行これからだよ
あなた
分かってるよ
師匠
じゃああなたは初めてじゃし
もう一度説明するかのう
師匠
ルールは簡単制限時間は今日の午後7時まで
ワシと軽い鬼ごっこをしてもらう
範囲はこの山全域じゃ
見事捕まえる事が出来たら終わりじゃ
そして明日から違う修行をする
ワシを捕まえられない限り毎日同じ事するからのう
あなた
この山全域って広すぎない?!
神羅
そうなんだよね〜
広すぎて疲れる
師匠
グダグダ言ってないで始めるぞい!!!