無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
38
2021/08/15

第2話

.











 桜舞い散る いつもの坂道 、


 違うのは 君が隣にいないことだけ 。


 それだけのことなのに 、


 こんなにも世界が憎らしくて 、


 君がいない世界なんて 生きていたくない


 そう思うのも 全部 全部 君のせいだ 、


















『 ほっくっと !! 』

松村「 なんだよ うるさいなあ 笑 」

『 なによ〜 、彼氏がが寂しそうな顔してたら 迎えに行くのが彼女の役目でしょ ? 』

松村「 別に寂しそうな顔なんかしてない 」

『 嘘つけー !! 笑
  いまポテト食べながら机で黄昏てたのは
  どこの誰だ !! 』

松村「 嘘だよ寂しかったよ 笑
    もうバイト終わったの ? 早くない ? 」

『 んーん 、まだ
  ほくとに会いたくて抜け出してきた 』

松村「 はーい戻りましょう 笑 」

『 やだー !!! 』

松村「 店長ー !!! 」( 大声 )

店長「 おいあなたまたサボってんのか !
    いい加減にしないとクビだぞー 笑 」

『 ひゃーーそれだけはやめてください !!!泣 』

松村「 はい行ってらっしゃい
    あとで構ってあげるから 、笑 」

『 言ったね ?? 北斗いま言ったね ??? 』

松村「 言いました 笑 」

『 わーいこれでバイト頑張れるー !!
  店長仕事くださいー !!!! 』



そう言って 満面の笑みで仕事に戻る彼女 。

頑張っている彼女の姿が見たくて

好きでもないこの空間に 毎日通いつめている 。

この幸せがずっと続けばいい 、いや 、

ずっと続くと思っていた 。