第22話

No.22 面と向かって、俺は愛桜を__
798
2023/03/12 18:24
(なまえ)
あなた
よし、完治…!!
部屋で1人、ガッツポーズ。
まだ少し痣はある………
けど、もう痛みはない。
軽々とした足取りで、リビングへと向かう。
朝6時。
いつも起きるのが遅い俺。
よし、
きりやん……
驚かせたろ………☆


あ、料理してるわ。
少しばかり様子を伺いながら、
ちょっとずつ近づく。



(なまえ)
あなた
………………うわぁぁぁっっ!!?
と、盛大に転んだ。
(なまえ)
あなた
………いったぁ……(.. )
きりやん
きりやん
え、あなたの配信者の名前を訳したやつぅぅぅぅ?w
(なまえ)
あなた
…………おはよ、……、
きりやん
きりやん
何なになに、え、?w
うん、おはよ?w
(なまえ)
あなた
……今日は……、早く、起きた、よ、
きりやん
きりやん
うん、早い、ね、w
…………んで~…何で、転んだ、?w
あれ、何でだろ、。
ふと後ろを見ても、何もない。
まさか。
(なまえ)
あなた
な、……何もないところで……
転んだ……?、
きりやん
きりやん
え、……w
あなたの配信者の名前を訳したやつぅぅぅぅって案外……天然……?w
(なまえ)
あなた
きりやん……驚かせようとしただけ……なんだけどな。w
きりやん
きりやん
あれ、俺を驚かせに。w
完全に失敗じゃん。w
(なまえ)
あなた
…………くっそぉ…………
きりやん
きりやん
そこまで悔やむ?w




あー…………
もういっそ、開き直ろう!w




それが一番!
(なまえ)
あなた
……よし、何か手伝う!w
きりやん
きりやん
え、開き直った?w
………ってか、あなたの配信者の名前を訳したやつぅぅぅぅって、料理経験は………
(なまえ)
あなた
………小学校の調理実習以来です。
きりやん
きりやん
ですよねー………w
(なまえ)
あなた
まぁ、……家庭科は、得意科目なんで!……多分。w
きりやん
きりやん
……多分って……w
まぁ、俺も今始めたばっかだし……
何でも良いから作ろ?w






ということでできたのは、
何か………すごーい……
フレンチトースト……、
さすが天才料理人だわー……
(なまえ)
あなた
………天才料理人さん………
………俺………何かした……?
きりやん
きりやん
呼び方………w
盛り付けすっごい上手いじゃん。
(なまえ)
あなた
…………まぁまぁまぁ……、w
Nakamuと俺のはめちゃめちゃ甘い。
甘党………だからね…w
Nakamuみたいにガムシロ飲むのは……、
ちょっとなぁ……w
とは思う。

きんときのは卵抜いたやつ。
ほぼふつーのパン。
意外ときりやん、個々の甘さにも気を使ってるらしい。
きりやん
きりやん
めっちゃめちゃ甘くしてほしい奴と、控えめー……って奴がいて、ちょっと厄介かな……w
とぼやいていた。
(なまえ)
あなた
…………あれ、俺厄介?w
きりやん
きりやん
いやいやいやいや…………


そして、全員を起こしに行く………


………………あれが、現実で聞くきりやんの声か。




やっぱ………
すご…………



よくあんな声出るなー……
と思わされた。




Broooock
Broooock
……起こしに来てはくれたけど、結局一番眠そうなのって………
シャークん
シャークん
………あなたの配信者の名前を訳したやつぅぅぅぅだな。w
(なまえ)
あなた
…………え、ふぉんとぉ(ほんと)…?
きんとき
きんとき
今だってそうじゃん……w




Nakamu
Nakamu
お、今日はフレンチトーストか……✨
スマイル
スマイル
Nakamuの目……光ってるんだけど、w
Broooock
Broooock
何かいつもより美味しそうな気が……
きりやん
きりやん
やっぱ盛り付けで差が出るんだな……w
と、きりやんがこちらを向く。
(なまえ)
あなた
…………✨w


そして、だらだら~……

ムードが流れる食後。
俺は、一つの話題を切り出した。
(なまえ)
あなた
……………愛桜、今………、どうしてるんだろうね、
Nakamu
Nakamu
そっか、愛桜………
ってか、もう今日あたり、取っ捕まえてくる?w
きんとき
きんとき
ってか、あなたの配信者の名前を訳したやつぅぅぅぅ、怪我、大丈夫なの?
(なまえ)
あなた
へへっ、完治いたしました!w
Broooock
Broooock
おぉ~っ!
ってか、痣見えるけど………
(なまえ)
あなた
そこは………許容範囲というか……w
スマイル
スマイル
まぁ、何はともあれ、愛桜をボコせる状態にはなったってことか。
シャークん
シャークん
ボコせるって言い方……w
まぁ、極端に言っちゃえば、そうなるよな。w
きりやん
きりやん
あなたの配信者の名前を訳したやつぅぅぅぅは、愛桜の居場所は……わかるんだよね?
(なまえ)
あなた
うん、俺の家まで行っちゃえば……
ってか、俺、この家がどこだか……あんま分かってないんだけどね。w
Nakamu
Nakamu
まぁ、それは、前DMからもらった住所で行けば良いことだし、w
きんとき
きんとき
車で……どれくらい?
20分とかそんくらいだったっけ。w
Broooock
Broooock
そこまで遠くはないし、すぐ行けるは行けるよね。w
もう出たりする?
スマイル
スマイル
あー、まぁ………もう出るか。
愛桜を捕まえて、問いただす……
ただそれだけだ、
シャークん
シャークん
………それがムズいんじゃねぇの…?w
きりやん
きりやん
まぁ、行ってみればなんとかなるんじゃない?w
(なまえ)
あなた
何か……軽い、w





(なまえ)
あなた
久し振りにちゃんと外出るなぁ……
んでも、動きやすいの……
まぁ、服にこだわりなんてないんだけど。
…………パーカーで良くね?w
っていう軽い感じの服選び。

外に出ると、もう、全員が支度を終えていたよう。
(なまえ)
あなた
準備速くないですか……?w
Nakamu
Nakamu
え、んー……
まぁ、特別用意する物もないし、
きんとき
きんとき
ってか、7人全員パーカーじゃん、
Broooock
Broooock
パーカー集団……なんだけど……、w












きりやん
きりやん
ここが、あなたの配信者の名前を訳したやつぅぅぅぅの家……か。
シャークん
シャークん
え、ここ………何か来たことあるんだけど、w
(なまえ)
あなた
え、なんで?w
Nakamu
Nakamu
んー…………
あぁ、この近く、………日常組さんの家とやらの近くだったな…
(なまえ)
あなた
え、あの日常組さんの……?
Broooock
Broooock
あー、だから何か知ってんな~……
って思ったのか。w
きんとき
きんとき
え、あなたの配信者の名前を訳したやつぅぅぅぅって、日常組さんも結構見てたりする?w
(なまえ)
あなた
まー、一応実況者オタクなんで、w
スマイル
スマイル
今度、あなたの配信者の名前を訳したやつぅぅぅぅと日常組さん会わせてみるか?
きりやん
きりやん
ってか、確か全員あなたの配信者としての名前ぇぇぇさんのこと知ってたんじゃない?
(なまえ)
あなた
え?……………えっ…?
シャークん
シャークん
まぁ、それだけ高校生が有名ってことよ。w










さぁ、愛桜の家に着いた………、
Nakamu
Nakamu
ここが………愛桜の家?
Broooock
Broooock
何も……変哲のない家だけど、
「野々宮」か、


やっぱり、足は小刻みに震えている。
恐怖心は、心のどこかであるのだろう。
何も感じていないはずなのに。
きんとき
きんとき
…………やっぱ、怖い?
(なまえ)
あなた
…………うん、
……でも、俺が……決着をつけなくちゃね、
だから………やってやる…、
スマイル
スマイル
くれぐれも、無理だけはすんなよ?
(なまえ)
あなた
………、分かった、

ピーンポーン

………ガチャッ
愛桜
愛桜
……………あなた、
(なまえ)
あなた
久し振り………じゃないか。



(なまえ)
あなた
………愛桜、俺は………
愛桜と、面と向かって、話したい。
俺の……仲間と、一緒に。

プリ小説オーディオドラマ