第28話

No.28 どうしよ、もう生きられんやん
698
2023/04/04 04:00
ちょっと、落ち着いてきたかな……
と思うと、また心臓がビクンッってなる。
そんな状況が続いていた。


午前10時。
ベッドの上に座り込んで、
過呼吸のまま、うずくまっていた。
Broooock
Broooock
あなたの配信者の名前を訳したやつぅぅぅぅ~、起きてる~?
と、扉の向こうから琉樹の声がする。
返答したい。
でも、声が出ない。
Broooock
Broooock
ん、?入るよ~?
(なまえ)
あなた
………琉樹…っ…… 
声にならない声。
Broooock
Broooock
っ……あなたっ………!?
(なまえ)
あなた
……ッ…ハァッ…あっ…あのっ……

(なまえ)
あなた
過呼吸……ッ…止まん…なくて……ッ
Broooock
Broooock
…病院行こ!?
普通にヤバいよっ!?それ、
(なまえ)
あなた
………ぇ…ぁ…ん…

………っ……


あぁ、




いつからだろうか。


「病院」
という施設が、俺は怖かった。
いつかは、


「もう命は少ないですよ」
と言われ、
いつかは
「あの子、もう助からないんじゃないの」
と蔑まれ。
そう、誰かに言われ続けて、
でも、嫌々行ってはいた。


そんな場所。


次も、何か言われるんじゃないか、


と、どこかで思って。







少し前、


「伝えることがあります」


と、病院から電話がかかってきた。
だから、行かないと、とは思っていた。

この機会にでも…
行くかな…



決心ができれば、



怖くないものだと、



勝手に思っていて。


Broooock
Broooock
……行く…?
今皆いないけど、
(なまえ)
あなた
……………う…ん

残る拒絶感を覚えながら、
俺は病院に行くことを決意した。


Broooock
Broooock
……体、力抜いて、
(なまえ)
あなた
…………うん……?

ヒョイッ

Broooock
Broooock
そんなあなたを、歩かせる訳には…ね…?…
(なまえ)
あなた
ぇ……ぁ……、……、//



ー病院内ー

医者。
お久しぶりです、あなたの名字さん。
(なまえ)
あなた
………お久しぶりです。
医者。
……どうですかね?
(なまえ)
あなた
なにも、……悪化してますよ、
医者。
……そうですか、



医者。
そういえば、前、電話しましたよね、
(なまえ)
あなた
……はい、
………きっと、余命とかなんだろうな、って思ってて、
医者。
……はい、
そうですよね、分かってました…よね、
……以前は、残り二年程、でしたけど、


(なまえ)
あなた
どうせ、もう一ヶ月ほど、って、
言うんですよね、
医者。
……どうして…?
(なまえ)
あなた
……直感です。
……俺は、……もう、一ヶ月くらいしかもたないだろうって、
医者。
………そうですよ、一ヶ月…、です、
……本当は、ここで治療しててもらいたいですけど……
あなたの名字さん、それは……しないですよね、
(なまえ)
あなた
……できる限りは。
……それに、今は…


(なまえ)
あなた
一緒に過ごしたい人が、いますから。



ー病院外ー
今回の目的は、


「過呼吸の治療」


のはずだった。

でも、俺は何事もなく、


医者と話し、


何もないように病院の外にいる。




それは、どうしてだろうか。



それは、単純に、


俺が、「耐えていた」からだ。


なぜ、耐えていたのか。
ただ、医者に言及されるのが怖かった。
大丈夫だ、

医者に言及されるのが怖かったから、耐えた。


琉樹には、「ちょっと残ってるけど、落ち着いたから大丈夫だよ、」
と言った。


実際、結構残っていた。
でも、まだ耐えられる。


今まで、ずっと、


心配も、迷惑もかけてきた。


かけすぎた。


今は、



耐えさせてほしい。
Broooock
Broooock
あなた~、家帰ったら何かする?
(なまえ)
あなた
んー……
撮影しよっかな、そんなストックないし。あと編集も。
Broooock
Broooock
じゃあ、僕は……
あなたに勝てるようにもうちょっとゲームしよっかな。w
(なまえ)
あなた
えー……
……絶対に負けないから、
Broooock
Broooock
お、強気だね?w


ー撮影中ー
(なまえ)
あなた
えー、皆さん、こんばんは。
あなたの配信者としての名前ぇぇぇです。
(なまえ)
あなた
今回の「ぼっちも一からマイクラしたい!」略して「ぼちいち」は~……





(なまえ)
あなた
いつも思うんだけどさ、一人だとなかなか話すことないよね、w
(なまえ)
あなた
んでもさ~、
話さないと尺稼げないじゃん?
マジで一人でノンストップ喋りできる人憧れるわ~……




(なまえ)
あなた
んじゃここ作業系なんで、ルーレットで当たった前回のコメント読み上げ大会STARTさせま~す、
(なまえ)
あなた
前回は何だっけ、
あ~、アスレか、
(なまえ)
あなた
お、でたでた。
「14:03 いつもエイム神ってるあなたの配信者としての名前ぇぇぇさんがミスってんのおもろww」
(なまえ)
あなた
いやいやいや、あれたまたまだからね!?マジでホントにさ~、そういうの掘り返さないでよw
(なまえ)
あなた
……はい、次。
「このクリアの速さだからあなたの配信者としての名前ぇぇぇさんは、他の実況者をギッタギタにしていってるんだよな……」
(なまえ)
あなた
ギッタギタか~ww
まぁアスレは得意な方ではあるけどさ?
強い人は強いし。
でもまだ………勝ってる…かな…?



(なまえ)
あなた
んでは、今回はこれで!
結構ぼちいちも発展してきたかな?
オチは作るんでご心配なくw
(なまえ)
あなた
では、また次の動画で。
また会いに来てくださいね?
それでは、(・ω・)ノシ



ピッ


(なまえ)
あなた
終わったわー……
(なまえ)
あなた
……編集するか。


どうしよ、まだワイテさんに何も言えてないや、
リスナーさんには「活動終了」するって言えばいいし……


一ヶ月。
どうにかして生きられないものか。


もしかしたら、
病気と一緒に失った感情に、
何かヒントがあるのかもしれない。
ほんっとごめんごめんごめん……
長編集書いてたら、こっちの内容が思いつかなくて……
久し振りに更新したと思ったら短いし。
ほんとごめん。


一旦長編集ストップしてこっちに振り切ります!、


あともうすぐこの話も終了になります!
また次のネタはあるので。


では、近々またすぐ更新します!!


本当に申し訳ございませんでしたっ!!!!!

プリ小説オーディオドラマ