無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

さんじゅういち
ころんside
東京に台風が直撃し、風も雨も強かった
その時家中の電気が消えた
停電だ
急に起きた事でめっちゃ驚いちゃって、あなたに抱き着いてしまった











やらかしたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっっっ………
僕、男だよ?!?!何停電ごときで女の子に抱き着いてんの?!?!
てか、腰細かったな(((((((
じゃなくて、抱き着いといて変態発言なんて僕そんなに変態じゃないっっっっっ()
抱き着いたまま後悔しているとあなたが僕にぎゅっと抱き返してくれたんだ
僕を殺す気なのかな??
可愛いんだけど
守ってあげたい
あわよくば付き合いたい
……………







僕は、あなたの事が好きだ
そして、先に口を開いたのはあなただった
あなた
私…ころんくんが…
































































































































































































































ころん
ころん
待って、僕が言う
_____________
スクロールお疲れ様ッス、パイセン
NEXT