無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

550
2018/06/06

第7話

明日放課後倉庫で
...私健太くんが好きなのか?

後輩として?犬として?人として?
岸和田 健太
岸和田 健太
マネージャー?
私
あっ、な、なに?
岸和田 健太
岸和田 健太
ぼーっとしてたから。
大丈夫ですか?
私
だ、大丈夫大丈夫。

いや、恋愛じゃないでしょ。

したことないし。よくわかんないし。
これからする予定もないし。
岸和田 健太
岸和田 健太
無理しないでくださいね
私
うんっ....

健太くんが優しいから。
少し特別なだけだよ。
私
健太くん。
岸和田 健太
岸和田 健太
? なんですか?
私
好きってなんだろ。
岸和田 健太
岸和田 健太
へ?
私
あっ...
しまった、つい....
岸和田 健太
岸和田 健太
恋愛の...ですか?
私
話すと嬉しくて、その人がいないと
寂しいって。どんな気持ちだと思う?

それを本人に相談するっていう。
岸和田 健太
岸和田 健太
それは...恋愛の好きじゃないんですか?
私
や、やっぱり...?
岸和田 健太
岸和田 健太
マネージャー、好きな人いるんですか?
私
ま、まだわかんない!

でも健太くんは優しくて可愛い後輩で...
私
私好きな人できたことなくて。
急にできるっておかしいなって思って。
岸和田 健太
岸和田 健太
恋なんてそんなもんですよ。
私
健太くんも好きな人いるんだ?
岸和田 健太
岸和田 健太
一目惚れ...ですっ....

そっか。
いるんだ。
私
頑張ってね


すごい。心が重い。

岸和田 健太
岸和田 健太
マネージャーも。


私健太くんのこと好きなんだ。
私
うんっ...
男の子として。
- - - - - - ✂︎ - - - - - - ✂︎ - - - - - - ✂︎ - - - - - - ✂︎ - - - - - -
私
お疲れ様でしたー
モヤモヤする。

初めてのことで。

恋って面倒だな。

岸和田 健太
岸和田 健太
明日!話したいことあるんで!
放課後倉庫きてもらえますか?
私
え?
岸和田 健太
岸和田 健太
それじゃあ!

でも、ちょっぴり甘酸っぱい。
私
あ、明日倉庫でね!!

なんだろう。話って。