無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

591
2018/05/31

第3話

休憩
健太くんは、私を見かけるたび声をかけて
くれるようになった。
岸和田 健太
岸和田 健太
あ!マネージャー!
私
健太くん!おはよう!

そしていつも距離が近い。
本当に犬のよう。
岸和田 健太
岸和田 健太
あ、僕汗臭かったっすか...?
私
全然!
朝練行ってたの?
岸和田 健太
岸和田 健太
試合も近いし、あとマネージャーと
一緒に帰れるようにしたいし!

それを平気な顔で言うあたりが、
本当に罪だなと思う。
私
お疲れ様
岸和田 健太
岸和田 健太
マネージャーは?次移動ですか?
私
そう。もう行かなきゃ。
岸和田 健太
岸和田 健太
また部活で!来ますよね?
私
もちろん!じゃあね!

私はこの性格のせいで、今のクラスになって
特別仲のいい子ができなかった。

自分から声かけられないし。

けど健太くんが現れて、私の学校生活変わったな....
- - - - - - ✂︎ - - - - - - ✂︎ - - - - - - ✂︎ - - - - - - ✂︎ - - - - - -
私
今日ほんと仕事多い....
試合を1ヶ月後に控えているということもあり、
いつも以上に仕事が増えた。
私
とりあえず洗濯しないと...
私は大きなカゴ2つを持って洗濯機に向かっていた。

すると。
岸和田 健太
岸和田 健太
貸して!
ひょいと2つとも私の手から消え、
突然現れた健太くんが持っていた。
岸和田 健太
岸和田 健太
重いでしょ。
私
いいよいいよ、私がやる。
練習始まってるでしょ?
岸和田 健太
岸和田 健太
今僕休憩だから!
私
だったら尚更休まないと...
岸和田 健太
岸和田 健太
僕が持つって言ってるんだから、
素直に持たれてください!

本当。優しい。

私が困ってたらいつもすぐ助けに来てくれる、
私
健太くんは犬みたいだね。
岸和田 健太
岸和田 健太
え?笑
私
人懐っこくて。癒し系。
岸和田 健太
岸和田 健太
マネージャー犬好きですか?
私
私?んーまあ犬派ではあるかな。
岸和田 健太
岸和田 健太
なら僕犬でいいや。「犬」太に
改名します笑
私
ははっ笑  似合うかも笑
岸和田 健太
岸和田 健太
可愛がってくださいねー?

こうやって、他愛もない会話をしていると、
すぐ洗濯機に着いた。
私
ありがと
岸和田 健太
岸和田 健太
いーえ!僕すごい体力回復した。
私
え?重いもの持ったのに?
岸和田 健太
岸和田 健太
マネージャーと話せたから!
じゃあ。練習行ってきます
私
行ってらっしゃい!

私もすごい元気が出た。

どんなにたくさんある仕事だって、何でこなせる
ような気がしてきて。


健太...いや、犬太くんのおかげだな。