無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

542
2018/06/03

第5話

努力家の君なら
岸和田 健太
岸和田 健太
それがいいです!
私
ほんと?
岸和田 健太
岸和田 健太
他にもっとやりたいことあるけど...
それはまだできないから。
私
岸和田 健太
岸和田 健太
一緒に帰りましょ。僕が勝ったら。
私
うん!

試合の日が楽しみだ...!
- - - - - - ✂︎ - - - - - - ✂︎ - - - - - - ✂︎ - - - - - - ✂︎ - - - - - -
そして試合前日。

私が夜、買い物から帰っている途中のことだった。
私
公園に誰かいる...?

バスケのゴールに向かってシュートを打つ人の影を
見つけ、駆け寄る。
私
あ!健太くん!
岸和田 健太
岸和田 健太
え?あ、マ、マネージャー!
私
いつも...練習してるの?
岸和田 健太
岸和田 健太
僕部活だけじゃ足りないから。
いつもここでやってます。
私
こんな遅くまで?
岸和田 健太
岸和田 健太
って言ってもまだ9時前じゃないですか
私
な、何時までやるつもり?
岸和田 健太
岸和田 健太
10時半とか?
私
明日試合なんだし!今日は
ゆっくり体休めた方がいいよ!
岸和田 健太
岸和田 健太
えー。まあそうですねー。
じゃあラスト10本。


今年から始めたのに。
こんなにうまいなんて。才能かなって思ってた。


でも。人の見ていないところでの努力の
積み重ねだったんだ。
岸和田 健太
岸和田 健太
終わり!てかマネージャーは 
なんでこんなに遅いの?
私
あー、買い物。
岸和田 健太
岸和田 健太
家まで送ってきます。
私
いやいい!早く帰って!寝る!
わかった?
岸和田 健太
岸和田 健太
もー。僕なら大丈夫ですって。
私
私の家ここから近いから。
岸和田 健太
岸和田 健太
そうですね笑
んじゃ。気をつけて。
私
うん、また明日ね
岸和田 健太
岸和田 健太
はい!
私
...私帰ってからここ戻ってまた
練習しないでよ!?
岸和田 健太
岸和田 健太
わかってるって笑
明日。
努力家の健太くんなら。きっと勝てる。
- - - - - - ✂︎ - - - - - - ✂︎ - - - - - - ✂︎ - - - - - - ✂︎ - - - - - -
迎えた当日。
私
頑張ってきてね。
ユニフォーム姿の健太くんにそう告げた。

1年生、経験なしだった健太くんがまさかの
スタメン。すごいことだよ。
岸和田 健太
岸和田 健太
はい!


ぴーっ((笛

私
頑張れー!
健太くんは、相手のパスをカットしたり、
味方にボールを回したりする方ではなく、

どっちかっていうとオフェンスだ。
私
あっ!
ボール持った!
私
シュート!!

パスッ

私
きゃー!!
入った!

珍しく私が叫び声をあげる。


その後もうちの学校は順調。


そして、また健太くんがボールを持った。
私
健太くんー!

ばんっ

岸和田 健太
岸和田 健太
った....

相手の選手の強いディフェンスとぶつかった
健太くんがその場に倒れこんだ。
私
!!