無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

565
2018/05/31

第4話

決まったら
試合前。少しピリピリした雰囲気。

でも私は、この時期が1番好きだ。
私
ふぁいとー!

みんな、いつも以上に真剣な面持ちで、
すごくかっこいいから。
岸和田 健太
岸和田 健太
っ..!
特に健太くんは。

初めての試合でしょ?なのに焦りが見えない。
私
そろそろ終わりの時間だよー!

みんな集中しすぎて、時間を忘れてる。

熱中してできることがあるのは、
とても羨ましい。
- - - - - - ✂︎ - - - - - - ✂︎ - - - - - - ✂︎ - - - - - - ✂︎ - - - - - -
私
よいしょっ...
部活が終わり。
体育館にいるのは私1人。
私
倉庫の鍵よし。
さて。帰ろう...
岸和田 健太
岸和田 健太
あ!マネージャー!
私
? 健太くん?

練習着のままボールを持った健太くんが入ってきた。
私
部活終わったよ?
岸和田 健太
岸和田 健太
それくらいわかってますよ笑
最後にちょっとシュート打ちたくて。
私
真面目だね笑
岸和田 健太
岸和田 健太
よくドラマとか漫画でさ。
私
うん?
岸和田 健太
岸和田 健太
シュート決まったら〜してください!
みたいなのありますよね笑
私
あれ外れたらどうするんだろうなって
いつも思う笑
岸和田 健太
岸和田 健太
....僕もやりたい。あれ。
私
え?
岸和田 健太
岸和田 健太
マネージャー。一発勝負。リベンジ。
決まったら今日一緒に帰ってください
私
.......

そんなの、現実にあると思ってなかった。
2次元の話だと思ってたのに。
私
わかった。
岸和田 健太
岸和田 健太
よし。

こういう緊張感の中決められたら、
きっと試合でもうまくいく。
岸和田 健太
岸和田 健太
いきます。




ぱすっ....🏀



私

ネットを潜り抜けたボールが、静かに地面を跳ねる。
岸和田 健太
岸和田 健太
...決まった!!!
フリースローラインから投げられた球は、
綺麗な弧を描いてネットを潜っていった。
私
めっちゃ綺麗だった!
岸和田 健太
岸和田 健太
....一緒に帰ってくれますか?
私
もちろん!
岸和田 健太
岸和田 健太
やった!待ってて!すぐ着替えてくる!

健太くんは飛び跳ねて更衣室へ向かっていった。

すごい。

あの綺麗なシュート、私はおばあちゃんになっても
忘れないと思う。
- - - - - - ✂︎ - - - - - - ✂︎ - - - - - - ✂︎ - - - - - - ✂︎ - - - - - -
岸和田 健太
岸和田 健太
お待たせしました!
私
行こうか

少し暗い道を2人で歩く。

いつも話しているはずなのに、とても緊張する。
私
今週の日曜。試合。緊張する?
岸和田 健太
岸和田 健太
んー。いつもどおりにできれば
大丈夫かなって思うけど...。
私
けど?
岸和田 健太
岸和田 健太
マネージャーに見られてたら緊張して
できないかもな笑
私
え?笑
私いつも見てるよ?
岸和田 健太
岸和田 健太
でもさ。試合はかっこいいところ
見せたいじゃないですか。
私
...普通にしてればかっこいいから。
大丈夫だって笑
岸和田 健太
岸和田 健太
本当?
私
うん、いつも感心する。

夜のせいか。
なんか、本当いつもよりドキドキして。

変なこと口走っちゃいそうで。
岸和田 健太
岸和田 健太
僕が試合に勝ったら?なんかある?
私
こうしてまた一緒に帰る。
他のことでもいいけど。