無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,473
2021/01/02

第3話

2
野薔薇side

五条先生は多分あなたが好きなのよ

でもね…渡すつもりはないわ

だって私も好きなんだもの

渡すなんて選択ないでしょ?

まぁあなたも先生が好きなら

渡すけど

あなたの幸せが1番だし

野薔薇「あなた〜」ギュー

『野薔薇!!野薔薇は可愛いね〜』

野薔薇「あなたの方が可愛いに決まってる
じゃない!!」

『///そ、そうかなぁ?』

五条「そうだよ〜」

チッ邪魔すんなよ、せっかく2人っきりだったのに

五条「ざ、ま、ぁ」クチパク

うっわうざ!!

私も人のこと言えないけど

前私もしたし←

『野薔薇が1番可愛いけどなぁ』

野薔薇「もおーー」ギュー

『野薔薇く、苦しいよ笑』