無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,268
2021/01/14

第4話

3
あなたside

私ね好きな人がいるの

初めて会った時から好きで

今も好き、大好き

でも…これは絶対に叶わない

だって…だって…

あっちは私の事なんて

なんとも思ってないでしょ?

叶うわけないじゃん…

なんで好きになっちゃったんだろ

仕方ないよね

好きなんだもん

だよね、___。

少しでも…ほんの少しでも私の事

好きになってくれないのかな…

------------------------------------------------------------------------------


野薔薇side

今日もあなたは可愛いわね

ねぇ皆もそう思わない?

虎杖「釘崎って本当にあなたのこと好きだよな」

野薔薇「当たり前じゃない」

伏黒「面白くなりそうだな」

野薔薇「まぁ…先生も好きみたいだしね」

「あんな奴に渡してたまるものか!」←

伏黒「それは同感だ」←

虎杖「先生のこと嫌いすぎじゃね?」←

五条「聞こえてるんですけど!?」←

野薔薇「あっ、居たの」

伏黒「居たんですね」

虎杖「びびったァ」

五条「僕も渡す気はないけどね♪」

野薔薇「こっちのセリフよ」

「大切な"幼なじみ"で"好きな人"だもの」