無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

バナおや的”スノードーム体験“
香澄ちゃんたちが普段から趣味でコレクションし、第2話では自らも挑戦したスノードーム作り。
戸山香澄
戸山香澄
みんなにも体験してもらって・・・
倉田ましろ
倉田ましろ
完成した作品は私たちがいただきたい(笑)
との希望を6バンド24人が叶えます!
「よろしくお願いしまーす!」と現場入りしたたえちゃんたちは、
北沢はぐみ
北沢はぐみ
これは、こころんたちに捧げるスノードームだよね?
羽沢つぐみ
羽沢つぐみ
そう。いっぱい持ってるからね。
八潮瑠唯
八潮瑠唯
ましろちゃんたちに飾ってもらうのを目標に、ね。
氷川紗夜
氷川紗夜
なるほどね(笑)
大和麻弥
大和麻弥
飾ってもらえるように、頑張ろう!
と気合いも十分(笑)
香澄ちゃんたちの時と同様、日本スノードーム協会のインストラクターである檜山靖洋さんのレクチャーのもと、早速作業開始!
まずはスノードームの「スノー」部分をホワイト【白い雪】かラメタイプのいずれかをセレクト(有咲・つぐみ・イヴ・燐子・美咲・瑠唯&たえ・モカ・日菜・紗夜・薫・透子がラメ、沙綾・巴・麻弥・あこ・花音・つくし&りみ・ひまり・千聖・リサ・はぐみ・七深がホワイト)。
過去のイベントカードやツーショット写真、背景に使用できそうな風景写真、装飾用のシールやピースなど大量の素材を前に、各自思い思いにアイデアを練っている様子。
真っ先に手が動いたのは、りみ・ひまり・千聖・リサ・はぐみ・七深ちゃん。
真っさらな台紙に、鉛筆でイラストを描き始めます。
頭の中でイメージを組み立てながら…といった感じで、黙々と材料を選び、作業に入るギタリスト組。
結構な数のメンバー写真を手に取ったドラマー組は、黙々とボーカリストのみを切り始める。
大量のライブ写真を見ていた有咲も、
市ヶ谷有咲
市ヶ谷有咲
決まった!
と3点セレクト。すると
羽沢つぐみ
羽沢つぐみ
この写真をどうしたらいいですかね?
若宮イヴ
若宮イヴ
あの…
白金燐子
白金燐子
先生だったら、どうします?
奥沢美咲
奥沢美咲
えっ…
八潮瑠唯
八潮瑠唯
ちょっとやってみてもらえます?
と、どうにか檜山さんに手伝ってもらう作戦に(笑)。
すかさずつくしが
二葉つくし
二葉つくし
不正だ…不正が行われている!
と反応。
3人で
牛込りみ
牛込りみ
檜山さん、手伝わなくていいですからね!
と注意する一幕も(笑)。
そうして作業も佳境に入ると、響くのはカチャカチャ、カラン、チョキチョキ、シャッシャッという作業音だけ。
不器用な手付きながら懸命に作る沙綾・巴・麻弥・あこ・花音・つくし&有咲・つぐみ・イヴ・燐子・美咲・瑠唯、直向きに作業を続けるたえ・モカ・日菜・紗夜・薫・透子&りみ・ひまり・千聖・リサ・はぐみ・七深と、それぞれのキャラクターが出た制作風景。
仕上げに向かって、
八潮瑠唯
八潮瑠唯
もっとコンサートのキラキラした感じを表現したいんだよね。
と、最後までイメージに近づけるようにマスキングテープやシールなどで工夫する瑠唯。
ひたすら、ボーカリストの写真を切り抜いていた花音も、
松原花音
松原花音
檜山さん!私たちは、ボーカリストをいっぱいにしたいんですけど…どうしたらいいんですか?
と相談、一気に台紙に貼り重ねていく作業に入る。
ひまりちゃんも描きあげた鉛筆画に"雪"のデコレーションを施し、スノードームにセット。
何かを思いついた様子でふと立ち上がり、新たな素材を手に再び作業に没頭…と終始ひっそりと作業を進めていた日菜ちゃんも、
氷川日菜
氷川日菜
よしっ、できた!
と顔を上げる。
こうしてついに、24個のオリジナルスノードームが完成‼︎
宇田川巴
宇田川巴
マジで大変だった…こんなに写真切り抜いたの初だよ!(笑)
広町七深
広町七深
実際作ってみると、結構大変だよね!
奥沢美咲
奥沢美咲
七深さんに関してはひたすら絵を描いてたけどね(笑)
広町七深
広町七深
ははは。でも楽しかったな
氷川紗夜
氷川紗夜
うん。やってみると面白かった
八潮瑠唯
八潮瑠唯
そうだね。でも…これはボーカリストの為じゃなかったら、私たちはこんなに一生懸命やってないよ(笑)