無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

🍀
ーーミンギュの過去ーー





僕はあの子のように物心つかないうちから捨てられたわけじゃない






僕がまだ15歳で妹が13歳の頃まではオンマとアッパと楽しく過ごしてた…































でもアッパの会社が倒産して借金が23億もあって苦しい生活をしてた






そんな時だ…
















オンマが"この子達を売り飛ばしたら借金なんて返せる"












なんて言ってきた…













それを聞いたアッパも










"確かに、顔が良いから高く売れそうだ…"って

























それからというものの 黒ずくめの男達に連れていかれて


暗くて冷たい部屋で毎日"しつけ"という名の暴力を受けてきた




















そして毎月行われるオークションに売られることに…



















地獄のような生活をしてきたから心はズタズタ…


























そんな時だ…


























誰かが僕達を助けてくれたんだ…

























それが代表とクプスヒョンとウジヒョンだった…



















S.C
2人とも大丈夫??
辛かったよね…
U.Z
ヒョン、いきなり過ぎますよ…
まずは落ち着かせないと
M.G
俺の妹に手を出すな…
お前らも"あいつら"と同じなんだろ!!
M.G
人のことをゴミのように扱うことにしか能がないんだろ!!
S.C
違うんだ!!
俺達は君達を助けたかったんだ…
たとえ偽善者と言われても構わない…
S.C
それでも助けたかったんだ…
クプスはミンギュと妹を優しく抱きしめた…
M.G
(温かい…こんなの久々だ…)
(この人達なら信じてみても良いのかもしれない…)
U.Z
この人の言う通りだ…俺達はあんなゴミクズ共とは違う…
お前たちを絶対幸せにする…約束する
M.G
あなた達のこと信じてみます…
U.Z
ありがとう
代表
これからこの子達は君らの新しい家族だ…
M.G
家族ッ…うわぁぁ😭









ミンギュは妹を抱きしめながら大粒の涙を流した…































U.Z
落ち着いたか?
S.C
ここは寒いから早く宿舎に向かお?
M.G
宿舎…??
S.C
俺たちのおうちだよ!
M.G
家…
S.C
そう言えば君と妹ちゃんのお名前はなんて言うの?
M.G
俺はミンギュ…妹はミンジェです
S.C
ミンギュくんとミンジェちゃんね!!
U.Z
ミンギュ…1ついいか?
M.G
はい…
U.Z
俺達の宿舎には他にも10人住んでる…
それも全員が男だ…
そんな所にミンジェちゃんをいさせるのは可哀想だ
U.Z
だから俺の知り合いの所に預けるのはどうだ?
女性だけだし、酷いことはしない人達だ…
M.G
なら、その人達に1度会わせて下さい…
それから決めます…
U.Z
わかった…


















次→