無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

🍀
J.H
ミンギュ大変でしょ?
僕が代わりに料理してあげるから休んでて!!
J.S
ちょいまち!!
ハニは看病で疲れてるだろうから料理しなくていいよ(^_^;)
J.H
大丈夫だよ〜
H.S
ハニヒョンの料理は僕達もあなたも死んじゃうからやめてくださいㅎㅎ
W.N
サンチュにマシュマロ入れてレンチンしたのとか超笑ったわㅎㅎ
S.G
あれ食べた時本当に死ぬかと思いましたよ!!
J.H
でも僕本当に料理出来るんだってば!!
V.N
ハニヒョン大人しく料理出来ないもの同士ゆっくりしてましょㅎㅎ
M.G
僕別に平気なんですぐ作ってきますねㅎㅎ




























30分後…


















M.G
は〜い出来ましたよ〜
H.S
わぁ✨美味しそう〜!!
S.C
はい、みんな席ついた?
SEVENTEEN
(S.C以外):はい
S.C
じゃあいただきます
SEVENTEEN
いただきます!!
D.K
【僕があなたちゃんにミルクあげたい!!】
J.S
【絶対僕がミルクあげるんだ!!】
M.H
【はぁ…暖かい(〃´o`)】
S.G
【美味しい美味しい…】
W.N
【俺のひざにちょこんと座ってるの可愛い♡】
U.Z
【俺、あなたと仲良くなれるかな…】
C.N
【あなたちゃんに沢山ダンス教えてあげたいなㅎㅎ】
J.N
【あなたちゃんも妖精さん見えるかな??】
J.H
【僕だって料理出来るもん…(拗)】
V.N
【スングァナ、またほっぺぷにぷにしてきたㅎㅎ】
M.G
【ミンジェ元気にしてるかな…】
【今度会いに行こう…】
H.S
【ホランへぇ〜🐯♡】
S.C
【ホシの頭の中は虎しかいないのかな…】








.









D.K
ご馳走様でした✨
D.K
僕があなたちゃんにミルクあげたい✨
J.S
僕もやりたかったのに…
D.K
じゃあシュアヒョンは次の時お願いします!!
J.S
わかった…
M.G
ソクミナ、キッチンの台のとこに作っておいたからそれあげて
D.K
はぁ〜い!








.


































.


D.K
あなたちゃ〜ん✨
ご飯の時間でちゅよぉ〜?🍼
赤ちゃん
(✧Д✧)✨
H.S
なんかグァナみたいㅎㅎ
S.G
何ですかそれ!!
V.N
ご飯が目の前にあると目付きが変わるのとか同じじゃんㅎㅎ
S.G
ボノナまで!!














.












D.K
あなたちゃん飲みっぷりいいねㅎㅎ
赤ちゃん
プパぁ( ¯﹀¯ )
V.N
ソクミナヒョン背中さすってあげてください
D.K
こう?サスサス
赤ちゃん
クプッ
D.K
あぁゲップしたㅎㅎ
J.S
ソクミナ、レディに失礼でしょ?
D.K
ごめんねあなたちゃん😅
赤ちゃん
あい!
J.H
ほらもう子どもはおねんねの時間だよ〜
C.N
あなたちゃんおやすみ〜
J.H
いや、チャニもだよ?
C.N
僕子どもじゃないです!!
J.H
ヌグエギ〜??😇
C.N
ジョ、ジョンハニヒョンのエギです……
J.H
その通り✨
さぁおねんねしなぁ?
C.N
はぁ…















次→