無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

🍀
V.N
ヒョン上がりました
J.S
ボノナおかえり~
V.N
あ、シュアヒョン全員集めてください
話したいことがあります
J.S
わかった…
ちょっと待ってて、








.























ーーカトクーー
J.S
みんなぁ〜1階に集まって
SEVENTEEN
(J.S以外):はーい















.




S.G
どうかしたんですか?シュアヒョン
J.S
ボノナが話したいことがあるんだって、
U.Z
話してみて
V.N
はい、さっきこの子をお風呂に入れてきたんですけど
V.N
服のポケットに紙が入ってて
それにこう書いてあったんです…























この子を拾って頂いてありがとうございます…


私はこの子の母親だった者です


こんなこと許されない事は重々承知ではありますが、


あの子を引き取っては頂けないでしょうか…


その子の名前は"四葉 あなた"と言います。


お願いします…あの子を幸せにしてあげて下さい…











































W.N
こいつ親に捨てられたのか…
J.N
なんで…
M.G
フラッ…








バタン…


















M.H
ミンギュ!!













何故かミンギュが気絶して倒れてしまった…























クプスはミンギュの事を部屋に運びハニに看病を頼んだ


















すると数分後には目を覚ました…




















M.G
あ、ハニヒョン…
僕ッ…
J.H
倒れたんだよ??
どうしたの?貧血?
M.G
違うんです…
実は…
















"僕も親に捨てられたんです"



















J.H
エッ…でもさっき妹がいるって…
M.G
ちゃんと居ますよ…
2人一緒に捨てられたんです…
J.H
一体何があったの…
ヒョンに話してくれる?
M.G
わかりました…





















次→