無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

Twenty nine
蓮side…



『俺はあなたが好きだよ…』




あなたは驚いた顔をして俺を見る



あなたの頭に手を置いて優しく撫でながら



『お前は?俺の事好きじゃない?』


あなた「だって…蓮は…」


『…俺が何?』


あなた「斎藤さんと付き合ってると思ってたから…」


『斎藤?』


誰それ…
そんなやつ居た?



あなた「部屋でキスしてたじゃん…」



あぁ…
あいつ斎藤っていうんだ…


『あぁ…』


やっぱり見てたか…


あなた「…私も…」


『ん?』


あなた「…蓮のこと…好きだった…」


『えっ…』


あなたが…
俺の事好きだった?


『でも…お前…照と付き合ってんじゃん』



あなた「蓮がキスしてるのを見た日」


あなた「私が泣いてたらひぃくんが来てくれた」



は?こいつ今
照のことひぃくんって言った?


『お前…照のことひぃくんって呼んでるの?』


そう聞くと
あっ、と言う顔をする



はぁ…イライラする。
なんなんだよ…




『返事はまだ聞かないから』





『俺と照どっちが良いか決めろ…』





あなたは絶対俺に惚れる








.