無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

Six
蓮side…



1日が終わりすぐ教室を出た俺は
あなたが居る隣のクラスに行く



あなた「うん。またね」


ふわっと笑って男に挨拶をするあなた



は?あいつ何してんの?
あなたは人と話すのが苦手で
俺としかまともに話さないのに…



『誰だよ…あいつ…』



真面目そうで
優しそうなその男は
あなたに優しく笑いかける



あなた「あっ!蓮!」



俺を見るなり走ってくる



そう…
お前はそれでいい。
いつでも俺だけを見てればいい…



『あいつ誰?』


あなた「え?」


『さっき話してた男』


あなた「あぁ!阿部くん!」


あなた「隣の席でね話しかけてくれたの」



俺に嬉しそうに俺じゃない違う男の話をする



あなた「蓮は?友達できた?」



何も知らないあなたは
何も無かったかのように俺に話をふる


『あぁ…』


あなた「ふふっ、そっか!さすが蓮だね」




大好きな笑顔で俺を見る







なぁ…あなた…
その阿部って奴にも
俺に見せる笑顔を見せたの?





♠︎…