無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

Three
あなたside…



蓮「あっ!青になった!」


そう言って走って道を渡ろうとする


蓮「あなた!早く!」


『まって!』



そんな蓮に私も走って着いて行く



信号を渡ると蓮が笑って待っててくれる


蓮「遅せぇよ…」


『蓮が急に走るからじゃん…』


私の言葉なんて聞かず
スタスタ歩いて行く



蓮と話しながら歩いて行くと
これから3年間通う学校が見えてきた



はぁ…
人間関係は1からになる春…


私はそんな春が大嫌いだ…



蓮と2人で歩いていると
皆が蓮を見てヒソヒソ話す


「超カッコイイ…」

「1年生かな?同じクラスになりたい!」


そんな女の子を見向きもせず
蓮はクラス表が書かれている所に歩いていく



やっぱり蓮は昔からモテる…
凄いなぁ…



蓮「…俺2組だ…」


クラス表を見てボソッと言うと
何故か少し悲しい顔をする


私もクラス表を見て
自分の名前を探す


"1-3 白咲 あなた"


『…あっ…私3組…』


蓮と離れてしまった…
友達が出来るまで不安だった…


でも…
蓮が居るから安心してたのに…



蓮「じゃ、俺自分クラス行くわ…」


そう冷たく言って蓮は自分の
クラスに入っていった






♠︎…