無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

Eleven
あなたside…



昨日蓮を怒られせしまった…



朝も私を置いていつもより
早く学校に行った蓮



謝りに行こうかな…




普段なら絶対に行かない
隣のクラスに蓮の姿が無いか伺う



『…あっ…』



蓮は楽しそうに女の子と話してて
私に見向きもしない



そっか…
そうだよね…


蓮はモテるし…
私が居なくても全然大丈夫だよね…



もう教室に戻ろう…



照「あれ?あなたちゃん?」


教室に戻ろうとすると大きな声で
名前を呼んで呼び止めてくる


『照くん…』


照「このクラスに何か用?」


どうした?って優しく微笑む


『…なんでもない…』


こんな所で話してたら
蓮に私が来たことバレてしまう…


照「…?そうか!じゃ〜ね」


少し不思議そうな顔をしてから
照くんは蓮達のところに行ってしまった



照くんって蓮の友達だったんだ…
知らなかった。




教室に戻り自分の席に座る



♬︎〜♬︎〜



ポケットの中にある携帯が鳴り
蓮かも!なんて期待して携帯を取り出す



受信
今日楽しみだね
蓮じゃなかった…
照くんだ…
受信
学校終わったら迎えに行くね
送信
わかった!
ありがとう




ねぇ…蓮…
蓮は私が居なくても平気なの?




私は…





♠︎…