無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第17話

#13
鬼ごっこが終わって初めての月曜日
生徒達は、清々しい雰囲気を漂わせている
それは、気のせいだろうか

また、登校しない生徒も多数いた
その中には、るんと勝利もいた
みなは、登校している
高橋みな
高橋みな
(やっぱ、来てないよね……)
高橋みな
高橋みな
(私のせいかな?違う!自業自得だよ)
高橋みな
高橋みな
(私だって、休みたい…でも、私にはする事がある)
生徒朝会にて
生徒会
これにて、生徒朝会を終わります
連絡のある方は挙手願います
高橋みな
高橋みな
はい
生徒
え!何
生徒会
どうぞ
高橋みな
高橋みな
はい、意見を述べさせていただきます
私は、初め、狂ってると思ってました 鬼ごっこについて
高橋みな
高橋みな
だから、この行事を3年に1度行ってほしいです
悪事を晴らすのは、もちろん復讐にもなります
生徒会
なるほど
ありがとうございました
生徒
まさか……あの人があんなこと言うなんて!






3年後
鬼ごっこを知るものはいなくなった

そんなある日、

ピーンポーンパーンポーン
生徒
ん?
なんだろ
生徒
ねー
生徒会
これより、生徒集会をします
体育館に集まってください

鬼ごっこが始まろうとしていた……

































完結しました!
ありがとうございました!これも、あなたさんのおかげです!

最後、内容が薄くなってしまいごめんなさい!
今後は、最後待て充実した物語を書いていこうと思います!応援お願いします(。ì _ í。)

それでは、また次のお話で

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

LaLa🍍
LaLa🍍
小説書いてます! 恋愛小説好きです! 皆さんが、いいねとかお気に入り登録してくれるのめっちゃ嬉しいです笑
ホラーの作品もっと見る
公式作品もっと見る