無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

呼び出し
彩花
この間ちょっと話しただけだよ...
沙里
そうなんだ...!
優太
話したいことあるから放課後教室で待ってて
彩花
わ、わかった
正人
お?もりたもしかしてー?
優太
な、なんだよ!
正人
彩花さんの事好きなのか?
優太
は!バカ!ちげぇよ!いきなり変な事言うなっ
正人
ふーん
沙里
ちょっと!森さん!あーやに手ーださないでよ!
優太
出すわけねぇだろ
てか、あんた誰
沙里
私の事なんてどうでもいいから!とにかくあーやに手出したり、口説いたりしないでくださいよ
彩花
ちょっと!!沙里っ手出すわけないじゃん...何言ってんのっ!
彩花
いきなり変なこと言わないでよ
女子
...何よ平井さん...優太君に馴れ馴れしく話しやがって...覚えてなさいよ
ガラッ
先生
みんな席つけ〜
1限目始まるぞぉ
先生
平井 森 後で生徒指導室まで来なさい
彩花
あーあ
優太
だる