無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

思い出して...
優太
お、俺の事忘れたのか?
彩花
あの、私は誰ですか
正人
え...彩花ちゃん
優太
先生!!彩花が...(;A;)
👨🏽‍⚕️「記憶喪失...多分倒れた時に頭を打ったのでしょう...」
優太
記憶は元通りになるんですか??
👨🏽‍⚕️「分かりません」
優太
そんな...
彩花
ここは病院ですか...?
👨🏽‍⚕️「はい、平井さんは過呼吸をおこしてしまい気絶したんですよ」
彩花
平井...?私の苗字ですか
👨🏽‍⚕️「そうです あなたの名前は平井 彩花さんですよ」
彩花
平井...彩花
正人
俺たちで記憶を元通りにしてあげよう!もりた!
優太
どうやってだよ
正人
うーん、それは今から考える
彩花
あ、あのあなた達はどなたですか
優太
森 優太 お前のダチ
正人
海原 正人 優太の親友!
彩花
そ、そうなんですか...もう帰ってもらっていいですよ、病院に来てもらいありがとうございます
正人
それは無理 俺たち今から彩花ちゃんの記憶を元通りにするんだ!
彩花
そんなこと無理ですよ
👨🏽‍⚕️「無理かはわかりませんよ 記憶が戻った患者さんもいます」
正人
そうなんですか!!!
彩花
そうなんですね
👨🏽‍⚕️「はい」
彩花
ですが迷惑を掛けてしまうので...
正人
そんなの気にすんな!
彩花
え、でも
優太
俺たちで記憶元に戻してあげるからな
👨🏽‍⚕️「あの、お話のさいちゅう申し訳ございませんが、ご家族の電話番号とかわかりますかね?」
彩花
家族...
👨🏽‍⚕️「携帯電話等...」
優太
カバン学校に置いてきてあるけどそこに携帯入ってんじゃない?
👨🏽‍⚕️「そうですか...」









































突然ですが!作者です( ^_^/笑
どうですかね?話がおかしくなってるところなどあるかもしれません!!設定がまだ自分の中に入ってないので...m(。>__<。)m
ちょっとの間不定期投稿になります

突然ですみませんでした!!

作者より