無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

ドキドキ
彩花
あれ?私なんで?
優太
え?
彩花
あ?いやなんでもない(私ドキドキしてる?)
優太
で?俺のことどう思ってんの?
彩花
え、あ、いや、カッコイイなって思ってます
優太
カッコイイ?俺はそれを聞きたいんじゃない
好きか嫌いか聞いてる
彩花
え?
彩花
好き...(小声)
優太
え?なんて?(聞こえてた)
彩花
なんでもないよっ!
彩花
わ、私先行くね
優太
え?遊ぼーよ
彩花
ダメだよ!成績が
優太
いいじゃん
彩花
嫌だ
優太は頬をプクッと膨らませて、不満げだ
彩花
(か、可愛い)