無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

放課後のいじめ
先生の説教がおわり昼休み
女子
あのー、平井さん!放課後ちょっとついてきてもらっていいかしら?
彩花
え、すみません!ちょっと今日は用事があるので...
女子
えー、ちょっとだけならいいでしょ?ちょっとだけ!
彩花
ちょっとだけなら...いいですよ
女子
うふふ
放課後
彩花
森さん!!あのさ...ちょっと待っててもらっていいかな?
優太
いいけど...森さんってやめてくれない?
彩花
え、じゃあなんて呼べばいいですか?
優太
優太...
彩花
呼び捨てはちょっと...
優太
は?
彩花
わ、分かりました...優太
優太
お、おん
すぐ戻ってこいよ
彩花
はい
優太
あ!あとタメ口使え
彩花
...分かった
呼び捨てしていいんだ...!

いきなり呼び捨て、タメ口...やばいって心臓何個あっても足りないよォ
彩花
あ、あのお待たせしました...用は?
女子
こっち来て!
彩花
は、はい!
私は手を握られ体育館に連れてこられました...そして倉庫に入れられた
女子
お前さぁ優太君と馴れ馴れしく喋ってんじゃねぇよ
女子
優太君が話しかけてくれたからって調子乗りすぎ
彩花
え?すみません...
女子
あ?聞こえませーん
彩花
ゴメンなさい!
女子
それだけ?
彩花
え?
女子
なんで謝るのぉー?
彩花
優太君と馴れ馴れしく話してすみません
女子
キモ、
バンッ カチャ

ドアを閉められ、鍵かけられた...?