無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

過呼吸
優太は職員室へと走った


もう生徒はあまりいなかった...
優太
先生!
先生
森、何してるんだ早く帰れ!
優太
彩花が倉庫に閉じこめられたんです
先生
平井が?
優太は激しく頷いた


先生
倉庫って体育館のか?
優太
はい
優太は先生の質問に落ち着いて、静かに返事をした
先生
分かった、待ってろ鍵もってくる
正人
彩花ちゃん大丈夫?
返事がしなかった
正人
彩花ちゃん?
先生と優太が体育館に来た
先生
ドンドン!平井、大丈夫だぞ!今開けるからな
正人
さっきから話しかけても彩花ちゃんの返事がしないんだ
優太
はぁ!?
先生
平井は極たまに過呼吸になる時がある
優太
え...
ガララララッ

ドアがあいた