無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

助けてくれた人
                                               次の日



👨🏽‍⚕️「コンコン、平井さん入りますよ」
彩花
は、はい!
彩花!!
彩花
...?私のお母さんですか...?
そうよ...本当に記憶が無いのね...
彩花
ごめんなさい
いいのよ...謝らなくて
👨🏽‍⚕️「それでは私は失礼しますね」
あ、はい
ありがとうございます
ガララララッ
彩花
あ、あの
はぁ〜...ったく!もう!
彩花
え...?
面倒くさいことになったわね!あーあ
彩花
あの、えっと
は!?なによ!
彩花
え、、、すみません
謝って済むと思ってんの?ふざけんな 
私と時間の邪魔しないでよ!やっと私の目の前から消えたと思ったのに!!チッ
彩花
私のお父さんって...
あ?てめぇが生まれてちょっとしたら離婚したわ
てめぇ喧嘩売ってんのか?
彩花
す、すいません...
チッこんなやつやっぱ産みたくなかったわ
彩花
...
黙ってんじゃねぇよ!
母親が彩花を叩こうとした時...
?「ひどいねぇ」