無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

名もない花
72
2018/08/20 12:55
私は、名もない花。

だけど、これから起きるひと夏の間で私は成長した。
-----------------
先生
あなたさん。
あなた

はぃ。

私はとっても消極的で人見知り。
人の話もまともに顔を見ることが出来ない。

だけれど、クラスのみんなは私のことを気に留めてもいない。
(受験生ということもあって、勉強に熱が入っているだけだと思うが)
私は存在が薄いんだ。きっと青春も出来ない。
そう思った。

でも、私には好きな人がいた。もちろん片思いなのだが、1年生の時からちょっとずつその優しさに惚れていった。
釣り合うはずがないそのクラスの人気者の男子。
でも、目が合う度に胸が踊るんだ。


夏休みなんて嫌い。
これから始まる長い休みに文句はないが、どうせ勉強でまともに遊ぶことも出来ないし、何より好きな人に会えないのが辛い。


だから夏休みなんて来ないで欲しかった。