無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

名前がある花
59
2018/08/20 13:02
今日から夏休み。なんて気が重いんだろう。
あの人は、今頃どうしているのか気になってしょうがない。

2年生の頃、あの人は付き合っていた。
相手は、とても可愛くて、明るくて、少し天然混じりで。
それが
すごく羨ましかった。
だって、私は名前すらない花なんだもの。



彼氏のいた事ない私は、そんな事なんて夢のまた夢。
絶対にあっちゃいけないことなんだなっていつも心に言い聞かせていた。