第12話

閑話 アヴァロン・ル・フェ 前編
658
2022/08/19 09:00
((多分このお話はほとんどの人が???ってなると思うので、軽く流し読みしてくれるだけでいいです。
こういうことがあったんだ、程度で大丈夫です。))







これは、とある世界でのお話。




地球が白紙化した世界のお話。




マスターなかのっちが見た、ブリテン異聞帯のお話。







2015年の現代。

魔術師たちによって作られた


「人理保障機関カルデア」は近未来観測レンズ「シバ」によって、


100年先までの人類史の安全を確認していた。


しかし、突如「シバ」は2017年の人類絶滅を予測。


原因不明の事態に困惑するカルデアの職員一行であるが


2004年の日本にある地方都市に観測できない領域を発見。


これが人類絶滅の原因と仮定したカルデアは、


人類絶滅を防ぐため実験の途中であった


過去への時間旅行〈レイシフト〉を決行する。


それは魔術師を過去に送り込み、事象介入することで


時空の特異点を探し出し、解明・破壊する禁断の儀式だった。




禁断の儀式の名は〈聖杯探索/グランドオーダー〉。


人類最後のマスター適性者、藤丸立香は、


デミ・サーヴァントであるマシュ・キリエライトと共に、7つの特異点を修復。


これで終わり、そう誰もが思っていただろう。

しかし、「異星の神」の降臨により、人類はまた絶滅の危機に陥ることになる。

地球の白紙化。そして7つの異聞帯。

7つの国がそれぞれ結界におおわれ、独自の文化を築きあげているもしも i fの世界。




今から語るのは、第6異聞帯 妖精円卓領域アヴァロン・ル・フェ…「妖精國ブリテン」で起きた物語。













風と土と生命、


詩と雨に愛された理想郷 ───


多くの妖精たちが暮らす黄昏の島 ブリテン















逃げればいい。みんなそう言っている。


ここで逃げても、誰も私を叱らない。


ただ、失望するだけ。


それだけの話。


あなたも私と一緒。


出来ないことを押し付けられている。


でも、嫌だと言えないから、こうして立ちつくしている。


なら、私が先に言ってやろう。


逃げてもいいんだって、言ってやろう。
…そうだ、私はあなたのために選択する。


あなたの為に、「逃げよう」と口にしかけて…。


その姿をを見てしまった。


群衆の中を掻き分けて、戦果の中をかける星。


恐れを飲み込んで、強い決意を持って、真っ直ぐに向かってあれに向かって走る、もうひとりの、予言の子の姿。


そして、その姿を見て、瞳に力が戻った、あなたの姿を。






マシュ
…あぁ、そうでした。
マシュ
その通りです、マスター。
マシュ
どうか、力をお貸しください!
マシュ
ここで、何としても厄災を打ち払います!
マシュ
なぜなら、なぜなら!
マシュ
私は、予言の子ではありませんが、私の心が!
マシュ
この街を守りたいと、叫んでいるのです!










ダ・ヴィンチちゃん
厄災は祓ったんだ。
ダ・ヴィンチちゃん
なのになんで、まだあの雲が残って…?








マシュ
みなさん!危ない!










ダ・ヴィンチちゃん
あれ?マシュ?
ハベトロット
君たちを庇って消えちゃったのさ。
ハベトロット
今のはモルガンの、「水鏡」だ。
ハベトロット
取り乱さなくても、マシュは無事だよ。
ハベトロット
ただ、ここにいないだけ。
ハベトロット
心配はいらない。
ハベトロット
必ず君たちは再開する。
ハベトロット
しなくちゃ僕が怒る。
ハベトロット
その時のために、花嫁の王子様は、しゃんとたってやることやらなきゃ行けないんだが
ハベトロット
はじめまして!カルデアの面々。
ハベトロット
僕の名はハベトロット!
ハベトロット
これから無料で君たちの旅を手助けする、お人好しの妖精だ!
ハベトロット
マシュと再開するまでの話だけどね。
ハベトロット
呉越同舟ってやつさ!光栄に思ってくれ!















マシュ
……私は、一体…?
???
うわーーー!?うわーー!?
???
目を覚ました!目を覚ましたぞ、トネリコ!
マシュ
え…?ここは…?
マシュ
はっ!これはどういうことでしょうか、ハベトロットさん!
マシュ
一体、ノリッジに何が…!?
???
ノリッジ…?って、なんだ?知らない!
???
あと、僕の名前はそうじゃない!
トトロット
僕の名は、トトロット!
トトロット
妖精騎士、トトロットだ!
トトロット
間違えるなよ?間違えるなよ!
トトロット
トネリコー!トネリコー!
トトロット
凄いぞ、こいつ凄いぞ!
トトロット
言葉がすごい!意味わかんなさがすごい!
トトロット
お前と同じく魔術師だぞ、こいつ!
トネリコ
はいはい、見たことも無いものを魔術と一括りにするのはやめましょうね、トトロット。
トネリコ
こんにちは、はじめまして。
トネリコ
私はトネリコ。
トネリコ
こちらは、トトロット。
トネリコ
そしてここは、妖精たちの島、ブリテン。
トネリコ
あなたの名前を教えてくれますか、見知らぬ方。
トネリコ
ここであったのも何かの縁。
トネリコ
私たちで良ければ、力をお貸しします。


これが、マシュのいた女王歴2017年から遡ること、約2400年前のブリテン島。

妖精歴400年。

救世主トネリコの最後の戦いになる、運命の時代の話。




to be continued…

プリ小説オーディオドラマ