第9話

6話
856
2022/08/13 01:50


瀬戸side







ねろちゃんから話を聞いて、俺はなにもことばがでなかった。
 ねろちゃん
…という訳だ。
全員
………。
桃十
…だから魔女のコアは壊れたのか…。
おおはらMEN
てっきり、おんりーちゃんとおらふくんが壊したものかと…。
おらふくん
勝手に壊れたって言ったじゃん…!
おんりー
でも、これで繋がった。
ぼんじゅうる
…そうだな。
ぼんじゅうる
この世界のねろちゃんの存在を犠牲にして、俺たちは今ここに居るんだ…。
かげまる
こんな事があったなんて…。
こんな…こんな、事って…!
瀬戸あさひ
…ざけんなよ…。
なつぴょん
…あさひ…。
瀬戸あさひ
勝手に消えて!人には頼れって言っておいて…!
瀬戸あさひ
何がその為なら何だってするだよ…!命まで差し出すなよ、この馬鹿野郎…!!
番田長助
瀬戸…。
アベレージ
あさひさん…。
高田健志
…瀬戸、言いたい事はわかるが、俺達にはしなくちゃいけないことがあるだろう?
瀬戸あさひ
…はい。
なな湖
しなくちゃいけないこと?
高田健志
わざわざここに俺たちを呼び出したんだ。
高田健志
何か策はあるんだろう?
ドズル
流石、分かりましたか。
ドズル
皆さんが良ければ、ですが。
ドズル
世界を再び救いませんか?
たけぉ
救えるんですか?
ドズル
はい。
ドズル
こちら、我々のアジトは世界が崩壊しても無くならないようになっています。
ピカクロス
えぇ!?
どういうことだ…?
ドズル
そういう風に結界を張ってくれた方がいます。
ドズル
ですので、ここを本拠地として戦いたいと思っています。
はたさこ
その、結界を張った人というのは…?
おおはらMEN
ここは自分が説明しましょう。
おおはらMEN
…皆さんは、英霊というのは知っていますか?
めーや
英霊って…あれだろ?死者…特に戦死者の霊を敬って言う語の…。
おおはらMEN
ええ。その通りです。
しんたろー
それが、どうかしたんですか?
おおはらMEN
…では、サーヴァントというものは知っていますか?
桃十
サーヴァント…?
おおはらMEN
サーヴァントとは、英雄が死後、人々に祀り上げられ英霊化したものを、魔術師が聖杯の莫大な魔力によって使い魔として現世に召喚したものたちのことを言います。
かげまる
…はい?
ちゅわん
それは例えば、織田信長とか、ジャンヌ・ダルクとか、もう亡くなった人達が、サーヴァントとして現代に現れるってこと?
おおはらMEN
簡単に言うとその通りです。
ズズ
なるほどねぇ…。
なつめ先生
今ので理解してる猛者がいる…!?
ぼんじゅうる
…実際に見てもらった方がいいんじゃない?
おおはらMEN
そうですね。
おおはらMEN
おらふくん、お願い。
おらふくん
はーい!
おらふくん
キャスター!
???
はい、ここに。
すると突然、おらふくんの隣に女性が現れる。
なつめ先生
え!?誰!?
おおはらMEN
彼らは英霊、サーヴァントと呼ばれるかつての偉人たち。
おおはらMEN
世界の外側...根源にある『英霊の座』と呼ばれる場所に記録された者たち。
???
…マスター、真名を名乗ってもよろしいでしょうか?
おらふくん
うん、いいよー!
???
コホンッ、では。
???
皆さん、はじめまして。
???
我が真名は紫式部。クラスはキャスター。
紫式部
以後、お見知り置きを。
詩人さん
む、紫式部!?
紫式部
はい。
詩人さん
えっ、あの源氏物語を書いた…!?
紫式部
はい。その紫式部でございます。
詩人さん
まじでーー!?
ポン酢野郎
…ダメだ、俺ついていけねぇや…。
ヒカック
では自分から簡単にサーヴァントについてお話しますね。
ヒカック
まず、サーヴァントには、クラスというものがあります。
れぷちん
クラス?
ヒカック
英霊をサーヴァントとして召喚するために憑依させる「器」で、英霊それぞれの能力や逸話に応じて変化します。
ヒカック
剣士のサーヴァントクラスを『セイバー』。
ヒカック
弓兵のサーヴァントクラスを『アーチャー』。
ヒカック
槍兵のサーヴァントクラスを『ランサー』。
ヒカック
騎兵のサーヴァントクラスを『ライダー』。
ヒカック
魔術師のサーヴァントクラスを『キャスター』。
ヒカック
暗殺者のサーヴァントクラスを『アサシン』。
ヒカック
狂戦士のサーヴァントクラスを『バーサーカー』。
ヒカック
基本はこの7種になります。
中野あるま
基本は…って事は、他にも?
ヒカック
ええ。そちらに関してはいずれ話します。
まろ
本来、サーヴァントは、聖杯戦争と呼ばれる戦争にのみ召喚されます。
しょぼすけ
聖杯戦争?
まろ
聖杯戦争とは、簡単に言うと魔術師がサーヴァントを使い魔として召喚し、願いを叶える願望機である聖杯を手に入れるための戦争です。
まろ
先程ヒカックさんが話した、7つのクラスのサーヴァントを、それぞれマスターが召喚。クラスは重複しません。
しうね
…少し、お伺いしてもいいですか?
まろ
はい。
しうね
…その、英霊が出現しているということは、聖杯戦争が起きているということなんでしょうか?
まろ
…その問いの答えはNOです。
メッス
そのしうねさんの問の答えを僕から説明しましょう。
メッス
今起きているこの事象は、本来ありえないこと。
メッス
…さっきねろちゃんさんが、自分の仲間のせいでこうなってしまっていると言っていますが。
メッス
その彼らが、それぞれ聖杯を所有し、サーヴァントを召喚しているのです。
アベレージ
えぇ!?
 ねろちゃん
………。
メッス
なぜ聖杯がこんなにも出現し、彼らがサーヴァントを召喚しているのかはまだ分かりませんが、サーヴァントに対抗するにはサーヴァントしかありません。
ぎぞく
ですので我々は、サントスさんの残した聖杯を回収し、今回紫式部さんを召喚しました。
ちゃげぽよ。
そうだったんだ…。
みさとらん
あ、もしかしてここに来る前にあった人って、サーヴァント…?
おんりー
そうですね。
なつぴょん
えっ、って事はそのアサシンに命令してたみさとらんの声に似てた人はねろちゃんの仲間だったみさとらん…!?
なかのっち
まーじかぁ…。
高田健志
え、お前らもう会ってんの!?
番田長助
はい…。
 ねろちゃん
…みさとらんは、この冬木市を中心に、日本を制圧している。
 ねろちゃん
制圧という言い方はおかしいか。
???
そうだよ、ねろちゃん。制圧なんてとんでもないよ。
 ねろちゃん
っ!?
なな湖
えっ!?
ハッチャン
お、お前は…!?
 ねろちゃん
な、なんでここにいる…!?
 ねろちゃん
みさとらん…!?
しうね
ほんとに、らんちゃんだ…。
 みさとらん
なんで…か。
 みさとらん
…そうだね。
 みさとらん
なんで私がここにいるのか。
 みさとらん
単刀直入にいうよ。
 みさとらん
…私は、あなた達の敵じゃない。
瀬戸あさひ
え…?
 みさとらん
むしろ、協力したいと思ってる。
たけぉ
ど、どゆこと?
 みさとらん
まだあなた達はこの世界で起きていることをちゃんと理解していないと思う。
 みさとらん
私が全部教えてあげる。
 みさとらん
今、世界で何が起きているのか。




to be continued…

プリ小説オーディオドラマ