無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,012
2018/07/07

第4話

2 "
" 着いた   、 "


















まだ、みんな来てなくて。

一人だから寂しいなとか感じたり。



















退屈な世界だけど。
そんなあなたには友達はたくさんいた。



















仲は良いけど、心から楽しい!って思える友達はなかなかいなくてね。
































でも、唯一いたんだ。




一人だけ。





























名前は松原くん。































男のコで、私は男っぽいからとても
気が合うんだ。




































早くみんな、来ないかなあっ!



































そう思ってたら、誰かが教室に入ってきた。





























足音が、近付いてきた。


















" 誰?誰なの? "








こころの中で、叫んでいた。






































" あんた誰? "




































そう、言われたんだ。