無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

792
2020/02/05

第4話

3話













~理科室~
和泉一織
和泉一織
あそこが理科室ですね。
??
??
~~~~で~~~~~。
雫石 ○○
雫石 ○○
ここが理科室かぁー!
この学校広すぎて覚えきれないなぁ笑
四葉環
四葉環
あ!あそこにいるのてんてんと....そーちゃん!!
逢坂壮五
逢坂壮五
た、環くん!?探してたんだよ!!
見つかってよかった......って
先生に対してその呼び方はだめじゃないか!!
九条天
九条天
君はほんとに.....何回言えば分かってくれるの?
雫石 ○○
雫石 ○○
こんな風景さっきも見たよーな??笑
和泉一織
和泉一織
...もうこの人は直らないかと。

あなたさん。
こちらが九条先生で、こちらが2年生の逢坂さんです。
雫石 ○○
雫石 ○○
(一織がもう諦めちゃってる....💦)
九条天
九条天
君が転校生の雫石あなたさんかな。

僕は九条天。普段は化学担当だよ。
雫石 ○○
雫石 ○○
よろしくお願いします!九条先生!
逢坂壮五
逢坂壮五
環くん昨日これ(化学の教科書)忘れて帰っただろう?
届けようとしたんだけどもういなくてね...
もう忘れないようにしっかりと管理しとくんだよ?
四葉環
四葉環
あー分かった!分かったから!!
そーちゃんも挨拶しねーの?
逢坂壮五
逢坂壮五
あっ、僕は逢坂壮五です。
えと....あなたさんだったね。
僕のことは好きに呼んでくれて構わないからね(*^^*)
雫石 ○○
雫石 ○○
はい!逢坂さんよろしくお願いします!(*´﹀`*)♪
??
??
......あっ!
ここにいたっ!天n....
九条せんせー!!
九条天
九条天
....七瀬さん。
廊下は走らないで。
誰かにぶつかって怪我してしまったらどうするの。
七瀬陸
七瀬陸
ごめんなさいっ!
あっナギーーー!ここにいたよーーー!!
六弥ナギ
六弥ナギ
Oh!リク!おいて行かないでくださーい(T^T)💦


....ハッ...Ha~i!Girl!
ワタシは六弥ナギと言います!
以後お見知りおきを(*^^*)♡♡
雫石 ○○
雫石 ○○
え、、、あ、はいっ!
私は雫石あなたと言います!
六弥さんよろしくお願いします!
七瀬陸
七瀬陸
俺は七瀬陸だよ!
環とは同じバスケ部なんだっ!
雫石 ○○
雫石 ○○
七瀬さんよろしくお願いします!
同じ部活か~そうだったんですね!!
....てか環くんってバスケ部だったの!?
言ってよ〜!!
四葉環
四葉環
別にあとでいいかなってー笑
そだ!りっくん!今日部活のあとアイス食べに行こー?
七瀬陸
七瀬陸
いいよー!!
楽しみだなぁ!
九条天
九条天
ちょっと?
先生のいる前で寄り道の約束をするんじゃありません。
まっすぐ帰りなさい。
逢坂壮五
逢坂壮五
そうだよ?環くん。
それに健康にも良くないし....
四葉環
四葉環
あーーあーーあーーー。
分ぁかったよ!!
帰ればいいんだろ!帰ればぁぁぁーーーー!(๑ー̀εー́๑)
和泉一織
和泉一織
そうです。
七瀬さんも健康には気をつけてくださいと何度言えば分かるのですか?
そんなことしているからよく風邪を引いてしまうんですよ。
七瀬陸
七瀬陸
( 。•̀_•́。)ムッ
うるさいなぁ!!
一織には関係ないじゃん(⑉・̆н・̆⑉)!!





ギャーギャー
雫石 ○○
雫石 ○○
........いつもこんな感じなんですか??
六弥ナギ
六弥ナギ
そうデスネ....
そろそろ休み時間も終わってしまいマース....
六弥ナギ
六弥ナギ
みなさーーーん!!
あなたさんが困っていマース!!
今すぐやめるんです!!!


ピタッ


九条天
九条天
.....そろそろ休み時間も終わるからね。
僕も授業の準備があるから失礼するよ。
和泉一織
和泉一織
....そうですね。
私達も早く戻りましょう。
四葉環
四葉環
おー。
六弥ナギ
六弥ナギ
リク!!私達も帰りますよ!!
七瀬陸
七瀬陸
うん!!じゃーね!
みんな!
逢坂壮五
逢坂壮五
僕も戻るね。
じゃあ、また(*^^*)
雫石 ○○
雫石 ○○
はいっ!また!!






・.。*・.。*続く・.。*・.。*