無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,067
2020/02/04

第2話

1話








いよいよだ.....
どうしよ。緊張してきた.....
雫石 ○○
雫石 ○○
......ふぅ。よし、行くか!!



















・.。*・.。*アイナナ学園・.。*・.。*


『1年1組』
百
みんな〜!!おっはよー!!
今日新しく来た転校生を紹介するよん!


はいっ!じゃあ、入ってきて〜!!
雫石 ○○
雫石 ○○
.....は、初めまして!
雫石あなたですっ!

よ、よろしくお願いしましゅ!.....///
(や、やってしまったぁぁぁぁ....)
みんな
みんな
(いや....可愛いかよ...)
百
んとじゃあ〜
環の横空いてるね!!

そこでいいかにゃ!?
雫石 ○○
雫石 ○○
は、はいっ!!




席に到着☆
四葉環
四葉環
えっとー あなただったっけ?
俺は四葉環!
んでこの真面目そうなんがいおりん!!
よろしくな!!
和泉一織
和泉一織
ちょっと。自分で自己紹介ぐらいできます。


私は和泉一織です。
このクラスの学級委員長もやってますので何か分からないことがあれば聞いてくださいね。
雫石 ○○
雫石 ○○
はいっ!よろしくお願いします!
四葉環
四葉環
あ、タメでいいぞー。
俺のことは環でいいからなー!
和泉一織
和泉一織
私も敬語じゃなくていいですよ。

呼び方はお好きに呼んで下さって構いません。
雫石 ○○
雫石 ○○
はi.....ゴホンッ

分かった!!
よろしくね!環!一織!(❁´ω`❁)ニコッ
和泉一織
和泉一織
可愛い人だn......ンンッ

よろしくお願いします。
四葉環
四葉環
おぅ!
あ、あとで学校案内してやんよ。

このがっこーおもしれぇから!!
いおりんもくるよな!!
和泉一織
和泉一織
なんで私まで.....


まぁ、四葉さんだけでも不安ですしね.....
早くこの学校になれてもらう為です。
仕方なくついて行ってあげます。
雫石 ○○
雫石 ○○
ほんとっ!?

助かる〜♬.*゚
お言葉に甘えて頼みますっ!


なんとかやっていけそうかなっ!!
みんな優しそうで良かったぁε-(´∀`*)ホッ











♡o。+..:*♡o。+..:*♡o。+..:*♡o。+..:*♡o。+..:*
主だよん☆*。
主だよん☆*。
こんなんでいいのでしょうか.....
みんなの口調が迷子中....



次から他のクラスの人も出てきますっ!!
.......大変だな.....
雫石 ○○
雫石 ○○
今から弱音吐いててどうするの??
やっていけないよ??
主だよん☆*。
主だよん☆*。
)`▽˙ );、;'.・”グハッ....


あなたちゃん.....正論言わんとって....
頑張りますよ!!

こんなつまんない小説でもよければこれからも見てください!!(切実)
雫石 ○○
雫石 ○○
よろしくお願いします(●︎´▽︎`●︎)