無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

🍀🖤
壱馬side
そういえば……あいつ服持ってないよな、
俺が家に連れてこさせちゃったから・・・






壱「服…俺のでも良い?」
あなた「あ、うん。」
壱「じゃ、置いとく。」
あなた「ん。」
あなた「服、、貸してくれてありがとね。」
なんだよこいつ。命助けてもらったのは感謝しないで服貸したことには感謝すんのかよw

つーか髪濡れてる、、乾かしてねーのかよ
壱「いや良いけど…髪。早く乾かさねーと風邪引くぞ。」
あなた「ははっ笑」
壱「・・・は?」

なんでこいつ笑ってんだよ。
あなた「そういうとこ心配してくれたからさ、なんか笑っちゃった笑」
やばい…こいつ、、








































可愛い。。