無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

🍀🖤
あなたside
楓「あなたあなたあなたあなた〜!」
あなた「なに。w」
今日から楓と一緒に登校することになったけど…

早速事情聴取されてます←
楓「なんでそんなにニヤニヤしちゃってんのっ!」
あなた「なんででしょーね。」
楓に言いたいけど、なんか恥ずかしくて言えない。
楓「なんで教えてくんないのよー!w」
あなた「言えん言えん。」
楓「なんでさw教えてくれよ~!!」
あなた「まじで無理なの、言えない。」
楓「なーんでー!w」
楓「っあぁ!!!もしかして!!」
え、まさかもうバレた……?
楓「壱m…」
あなた「だから声がでかい。」
楓「またやっちったよ~ w」←
楓「で、壱馬くんと付き合ったんでしょ?」
あなた「なんで分かるの、w」
楓「私を誰だと思ってるんだ!えっへん!」←
楓「ふふふふふふふふ」←
あなた「怖い怖い」
楓「だってさ~親友が喜んでんだよ?!」
楓「嬉しいに決まってるじゃんか^^」
あなた「よく分かんないけどありがとw」
楓「もっち~~!」


こうして楓への報告は終わった。←