無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

🍀🖤
あなたside
なんで今日に限って帰り遅いの。
あなた「はぁ… 」
ため息も出てきてしまう。
ご飯も作ったけど、一緒に食べたいから私もまだ。
お腹……すい、た。。
あなた「もーいーかーい←」
あなた「まーだだよーって聞こえた気がする←」
(ガチャ)
あなた「まちぼーけーまちぼーけー·····←」
あなた「続きなんだっけ。」
あなた「ま、いいや。」
壱「ははっ笑なにしてんの笑」
あなた「いつの間に帰ってきてたの?!」
壱「まちぼーけーら辺には居たけどw」
あなた「まじかよ。」
壱「あ、飯待っとってくれたん?」
か、関西弁·····!?
あなた「ん。///」
だめだ、照れてる………!
壱「なんで下向くねんーw」
あなた「あぁぁぁ!」
壱「あなたテンションおかしない?w」
あなた「突如関西弁で話す壱馬に言われたくない」
壱馬「なんやねんそれw」
あなた「いーからお風呂入ってきなって。」
壱「はいはいw」



·····どのタイミングで言えばいいの!!!