無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

🍀🖤
あなたside
やっと……やっと、あの嫌な空間から出ていけた。

開放感半端な…w
(~壱馬の家着~)
やっぱりここが1番落ち着くかも。

前の家よりも、学校よりも·····
あなた「なんかありがとうね、着いてきてもらっちゃってさ、、」
壱「俺が着いてくって言ったんだからいーんだよ。」
壱馬ってやっぱり優しい。    改めて実感。
そう思っていたら、
ポンポン
壱馬が私の頭に手を乗せ撫でた。
あなた「?!///」
思わず…照れかけてしまう私。 (←照れました)


なんで照れてんの?まして相手は"芸能人"なんだよ??


頭の中で自分で自分を訴え、少し責めた。










そう…… "芸能人" 。。。