無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

🍀🖤
壱馬side
俺たちはご飯を食べ、寝ることにした。

でも・・・・・・
壱「俺ソファーで寝るからお前ベッド使えよ。」
あなた「いやいい。うちソファーで寝るから。」
壱「だめ。」
あなた「なんで。」
壱「女にソファーで寝かせるわけねぇだろ。」
あなた「・・・・・・」



あなた「(分かったよ…)」
壱「よし。」
こうして俺はソファー、あなたはベッドで寝ることになった。