無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

🍀🖤
あなたside
私…なんでここまで着いてきちゃったんだろ。
初対面の人なのに、
名前もまだ・・・知らないのに。

・
・
・
あの時、

私は最近辛いことがあったから…大好きな海に来た。
海はずーっと奥まで続いてて、、とっても広くて、穏やかな気持ちになるから。
そして私は海を眺めていたら、、ふと突然に消えたくなって。。
ゆっくり、私は海へと歩いた。
そしたらあいつが私の腕を引っ張って、私を海から出した。。
優しく・・・・・。
・
・
・

そして今に至る、、か。
口調は強めかも知れないけど…案外優しいところはありそう。

だからこうして今知らない私を家に入れて、お風呂にまで入らせてくれてるんだろうな。


































あなた,壱「あ、服。」