無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
214
2020/07/13

第1話

紅の臙脂
弱くて、脆い。
儚くて、汚い。
考えたことがある。
オレのせいで、IDOLiSH7が無くなってしまったら?
怖かったんだ。
世間から忘れられていくことも、オレがアイドルの"七瀬陸"では居られなくなることも。
けどきっとそれ以上に、オレのせいでオレの大好きなものを壊してしまうことが怖かったんだ。
だから、俺は……