無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

four__pieces別れの意味

あなたside

目を覚ますと見たことのない天井、


誰かの声、


あ、大毅か、


そうだー倒れたんだー、


『あなた?あなた?』


もう、会社の人いるんだったら名前で呼ばないでよ、


ふふ、相変わらずだなぁ


『目ぇ覚めたかぁー?」


「、、、ん、、うん、」


『はーよかったわー』

「ここ、、どこ、、?」

『ここはうーん、俺ん家?』

「え!?」

勢いよく立ち上がってしまって頭痛がする。

「いっ、た、」


『無理すんなって、何もせんから』


「、うん、わかってる、」


『あのさ、聞いて欲しいんやけど、』


「うん、」


『何であなたは俺と別れたのか教えてほしい。あれはほんまの理由とちゃうやろ?』


「そう、だね、」

「あれは本当の理由じゃない。」

『じゃあ本当のこと話して?』

「、、、私さ、病気なの、ね、」

『うん』

「病気が分かった時に真っ先に考えたのは大毅のこと」

『うん、』

「考えて考えた結果別れだったよ、」

『うん』

「だからごめんね、」

『話してくれてありがとう』




また1つピースが埋まった。