無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第3話

#2
あなたside


あなた))樹、急げ!!


樹))まてよ、あなた‪w


そう言い、まだ昇降口で靴を履いている樹を急かす。でも、あそこのパンケーキ屋人気だから売り切れになるかもなんだから!


あなた))ね?まだ?まだ?


バタバタバタバタ(地面で足踏みしている)


樹))よし、行こ!


ギュッ


あなた))え…??///


樹))ほら、何照れてんの??売り切れるぞ!


あなた))う、うん///


樹ってよくこーゆー事してくるけど、人前だしまじ恥ずかし!余計足が遅くなって、遅れるよ?!


樹))ほら、ほ〜ら!あとちょっと!


あなた))あとちょっとって、駅前まで何分かかると思ってんの?!


樹))知~らねwおんぶするか?‪w


あなた))や、やだよ///


樹))じゃ、とにかく頑張ろ〜!



━━━━━━━━

あなた))ハァハァ、ッハァ…つ、いた?

樹))おん!‪wあなた息切れすごい‪w

チャリンチャリーン(ドアのベルの音)

✂――――――キリトリ――――――✂

と、また微妙なとこで…‪w
またまた次回未定です!‪w