無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

2
私は玄樹に抱っこしてもらいマネの車で総合病院に向かった。
岩橋玄樹
あなた、、?
あなた

ゴッホゴホッ、、泣く

あなた

玄樹、

岩橋玄樹
泣かないの、大丈夫
あなた

海人ぉ

岩橋玄樹
ん?
岩橋玄樹
海人呼ぶ??笑
あなた

ゴホッ...ヴ...ゲホッゴホッゴホッ...頷く

岩橋玄樹
📞もしもし?海人?。今から、下来れる?あなたの背中を擦りながら
岩橋玄樹
来るって
マネージャー
そろそろ出発s
高橋海人
あなた!!
あなた

ゴホッ...ヴ...ゲホッゴホッゴホッ...海人ぉ泣く

高橋海人
大丈夫大丈夫摩りながら
マネージャー
出発しまーす。
岩橋玄樹
はーい。














.






























.

















病院に着いて、、








.










診察を受け





あなたは今、ベットに横になり、酸素マスクを付け、点滴に繋がって、寝てる。



細い身体に、点滴が何本も、



ピッピッピッピッ
高橋海人
あなた、、
岩橋玄樹
大丈夫だよ。




その時、、、































.






































.
















あなた

ん、、、?





























.



































.




































NEXT→